リスティング広告とは?を全て解説!費用や効果、運用代行会社の選び方

更新日:2022年06月10日

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!の検索結果に掲載できるWeb広告です。

指定したキーワードを検索したユーザーだけに自社の広告を見てもらえるため、無駄が少なく効率的にターゲットユーザーへ訴求できるリスティング広告。

本記事ではリスティング広告とは何か、費用が決まる仕組みや効果など、リスティング広告のことを一切ご存知でない人向けに詳しく解説します。自社にリスティング広告が有効活用できるか、本記事をご覧になって見極めましょう。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

リスティング広告とは?

リスティング広告は、検索エンジンから集客できるWeb広告です。
「検索連動型広告」とも呼ばれます。

インターネット利用者なら誰もが目にするWeb広告のひとつ。
リスティング広告の掲載イメージと掲載場所をご覧になれば、リスティング広告がどの広告を指すかは簡単にご理解いただけるでしょう。

リスティング広告の掲載イメージ

リスティング広告の掲載イメージをYahoo!のリスティング広告を例に見てみましょう。

リスティング広告の掲載イメージ

(引用:Yahoo!広告でサイトへの集客アップ | Yahoo! JAPAN

 

リスティング広告で掲載できるのはテキストのみで、タイトルや説明文、URLが主な掲載内容です。

画像や動画は表示できませんが、広告表示オプションを設定することで、住所や電話番号などより多くの情報を掲載して訴求効果を高めることができます。

リスティング広告の掲載場所

リスティング広告の掲載場所は、実際に掲載されているリスティング広告をご覧になるのが一番分かりやすいため、ここではGoogleで「リスティング広告とは」と検索した際の検索結果を見てみましょう。

検索結果画面の上部にある以下の画像の中で、赤枠で囲った箇所がすべてリスティング広告です。「リスティング広告とは」は人気のキーワードのため、多数のリスティング広告が出稿されていますね。SEOで1位に表示されているページよりも上に4つのリスティング広告が表示されています。

 

検索結果画面の上部

検索結果-上部

 

リスティング広告は検索結果画面の下部にも表示されます。以下の画像の赤枠で囲った箇所にリスティング広告が表示されています。

 

検索結果画面の下部

検索結果-下部

 

リスティング広告はパソコンユーザーとスマホユーザー、タブレットユーザーそれぞれに配信可能です。

リスティング広告とディスプレイ広告の違い

Web広告を検討する際に、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらを活用するかで迷われる方も少なくありません。予算が許すなら併用したいところですが、いずれにしてもまずは両者の違いを理解しておきましょう。

リスティング広告とディスプレイ広告の違いは以下の3点。

  1. 広告のフォーマット
  2. 広告の掲載場所
  3. アプローチできるターゲット層

広告のフォーマット

リスティング広告がテキストのみの広告に対して、ディスプレイ広告は画像や動画を掲載できて広告のサイズも多岐にわたります。画像や動画を掲載できるディスプレイ広告は魅力的ですが、素材がなくてもテキストだけで掲載できるリスティング広告も活用のしやすさも魅力的ではないでしょうか?

ユーザーがWeb広告に慣れた現在、掲載場所やターゲットによっては広告感が弱いテキスト広告の方が反応が出るケースもあります。

広告の掲載場所

前述の通り、リスティング広告は検索結果画面に掲載されます

一方でディスプレイ広告はGoogleやYahoo!が提携する膨大なネットワークを介して様々なWebサイトやアプリに掲載できます。

アプローチできるターゲット層

多数の掲載先でユーザーへアプローチできるディスプレイ広告に対して、リスティング広告は”今、この瞬間”にキーワードを入力して検索した能動的なユーザー(顕在層)へアプローチができます。
そのためコンバージョンの獲得にはリスティング広告のほうが効果的だといえるでしょう。

大きく分けると、顕在層に向いているリスティング広告潜在層に向いているディスプレイ広告。ざっくりとしたイメージを掴むならこれが両者の違いです。
ディスプレイ広告に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、詳しく知りたい方はぜひこちらも合わせてご覧ください。

但し、潜在層向けのキーワードでリスティング広告を出稿したり、自社サイトへ訪問したユーザーを追いかけて顕在層向けにディスプレイ広告を出稿したり、使い方次第でターゲット層が変わることもあります。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

リスティング広告の費用・単価が決まる仕組み

リスティング広告を検討する際に気になるのが費用面。どのような仕組みで広告の費用や単価が決まるのでしょうか?

クリック課金による費用発生

リスティング広告が人気の理由に、クリック課金の費用形態があります。クリック課金とは、ユーザーが広告をクリックして初めて広告費用が発生する費用形態で、クリックされない=自社サイトへ集客できない場合は費用が発生しないということ。

Googleのリスティング広告は最低出稿金額が1,000円、Yahoo!のリスティング広告は指定がなく、予算は自由に設定できると考えて問題ありません。

つまり、リスティング広告は低リスクで予算内の広告費用から効率よく集客できるということです。

▼関連記事 Web広告の費用形態と相場について

リスティング広告の単価が決まる仕組みとは?

リスティング広告はキーワード毎にクリック単価が異なります。では、そのクリック単価はどのように決まる仕組みなのでしょうか?

ユーザーがキーワードを入力した際に、GoogleやYahoo!のシステム内ではそのキーワードでリスティング広告を出稿している自社と競合によるオークションがおこなわれています

オークションでは、キーワード毎に設定している上限クリック単価や広告品質を総合的にシステムが判断し、オークションに勝った広告だけが検索結果画面へ表示されるのです。

 

つまり、競合が少ないキーワードほど低いクリック単価でリスティング広告を掲載でき、競合が多いキーワードでも入札単価や広告品質が高けれ広告を表示できる可能性が高まるということ。

ただし、リスティング広告の目的や予算、競合の状況などによって広告戦略は変化します。
キーワードの選び方については詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

▼関連記事 リスティング広告広告におけるキーワード選び方について

SEOと比較したリスティング広告のメリット

検索ユーザーへアプローチし、自社の集客をおこなう点でSEOとリスティング広告には共通点が多く、どちらも検索エンジンマーケティング(SEM:Search Engine Marketing)の領域です。

ここからはリスティング広告とSEOを比較しながら、リスティング広告のメリットを見てみましょう。

短期間で集客効果が見込める

SEOは自社サイトのページが検索結果画面で上位表示した場合に無料で継続的に集客ができる大きなメリットがありますが、一般的には上位表示するまでに短くても数ヶ月かかると言われています。

その点で、リスティング広告は事前の広告配信設定こそ必要になるものの、配信が始まればすぐにでもユーザーへ表示されて集客効果が見込めるのは大きなメリットですね。

短期間で集客効果を求める場合にはリスティング広告が効果的な施策と言えます。

少額予算から実施できる

リスティング広告は費用の項目でご紹介した通り、自由に予算を設定できるため少額予算でも集客をおこなえます。

でも、SEOなら無料でできますよね? そんなご意見も聞こえてきそうですが、SEOで狙ったキーワードから集客するには記事制作コストと上位表示までにかかる時間的コストがかかる上に、上位表示できる保証もありません。その上、Webサイトの状況次第では記事を制作しても効果が見込めないケースがあります。

その点で、少額予算から手軽に実施できるリスティング広告は魅力的ですね。

改善を短期間でおこなえる

配信を開始すればすぐにユーザーへ広告を表示できるリスティング広告は、配信結果のデータを見ながらキーワードを変更したり、広告に掲載するテキストを変更したりと、短期間で改善できる点もメリット

SEOの場合は記事を変更しても検索結果への反映にタイムラグがあり、キーワードを変えるとなると記事を大きく変更する必要があるなど決して短期間でおこなえないケースが大半です。

Webマーケティング施策は、施策の結果をデータ分析して改善できる点が強みの一つで、これはリスティング広告でもSEOでも共通しています。しかし、より短期間でおこなえる点はリスティング広告のメリットと言えますね。

SEOと比較したリスティング広告のデメリット

メリットが多いリスティング広告でも、SEOと比べた際のデメリットもあります。

人気のキーワードほど単価が高い

リスティング広告のクリック単価がオークションによって決まる仕組み上、人気のキーワードは単価が高くなる傾向があります。クリック単価が数十円のキーワードもあれば、数百円、数千円にまで高騰する人気キーワードも……。

広告費用を継続的に投資する必要がある

リスティング広告は短期間で集客効果が見込める反面、広告出稿を止めた瞬間に集客効果も止まります

時間をかけて集客効果を出すSEOはその効果が継続する傾向が強いため、長期的に考えるとこの点ではリスティング広告のデメリットと言えます。

▼関連記事 リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告の運用代行会社を選ぶポイント

リスティング広告を活用して成果を上げるためにはどうしても広告運用の専門知識が必要。

自社に広告専門チームが無く、経験者不在の場合は運用代行会社へ任せることをオススメします。外注費用はかかりますが、社内運用コストが下がるだけでなく、リスティング広告の成果を高めることで投資コスト以上の効果が見込めるからです。

GoogleとYahoo!から認定されているか

リスティング広告の運用実績が豊富な運用代行会社は、GoogleやYahoo!の認定を受けています。

弊社クリエルもGoogleとYahoo!のパートナーとして認定されており、運用サービス開始当初には無かった運用ノウハウや実績を積み上げたからこそ頂けたもの。認定代理店へ依頼することで、間違って実力が無い代理店へ外注してしまうリスクを回避できます。

弊社はおかげさまで「Web広告運用代行 満足度No1」にも選ばれました。

Web広告運用代行 満足度No1

広告の配信結果をレポートしているか

リスティング広告の運用代行にもサービス内容は各社異なります。

広告配信結果の数値を詳細まで開示するかどうかも事前に確認しておきたいポイントです。レポーティングに別途費用が必要なケースもあるため要注意。

弊社では毎月のレポート提出はもちろん、広告運用担当者による報告会も追加費用なしでご提供しています。

リスティング広告を自分で配信するには

リスティング広告を自分で配信したいという方向けに配信の流れを紹介します。
かんたんに手順を並べると、以下の通りです。

  1. 広告アカウントの開設・設定
  2. 支払い情報の設定
  3. キャンペーンの作成
  4. 広告配信の設定(ターゲティング、予算など)
  5. 広告文・クリエイティブの設定
  6. Googleによる審査
  7. 配信開始

自分で上記、特に4,5をおこなうのは難しいという方が多いのではないでしょうか。

そんな場合には「スマートアシストキャンペーン」がおすすめです。
これは簡単な設定だけで、Googleの機械学習による自動配信が可能になるという機能。
ただし、細かいキーワード、ターゲティングの設定などはできません。

リスティング広告を有効活用しよう

本記事ではリスティング広告とは? といった基本情報を中心にご紹介しました。

広告の中でも効率的に成果が出るWeb広告、その中でも顕在層へアプローチできるリスティング広告は積極的に実施したい集客施策の一つです。

もしリスティング広告について具体的に話を聞きたい、自社でどのように活用できるか相談したいという場合はぜひお気軽にお問い合わせください。シミュレーション数値も無料でご提供いたします。

リスティング広告をはじめ、Web広告の媒体選びにお困りの場合は「初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方」も参考にしてみてくださいね。