問い合わせアップをはじめとした圧倒的改善実績

動画広告 Video ads

WebサイトやSNSなどの媒体へ動きで伝える広告

5Gの普及やYoutubeの流行などにより動画を使った広告やマーケティングが高まっております。
静止画に比べて、視覚・聴覚に多くの情報が伝わりより印象に残りやすく、利用意欲も高めることが可能となり
ストーリーを加えることでユーザーに刺さりやすい訴求を打ち出すことが可能です。
動画広告では多くの情報を伝えることが出来るため、認知拡大や販売促進の他にもブランディング効果も期待でき
昨今ではYoutubeやSNSなどの広告媒体の他にwebサイトにも活用することで自社の魅力を伝える企業も多くなっています。
弊社では低コストで動画が制作できる「サクっと動画」のサービス展開もしております。

こんなお悩みありませんか?

  • ?

    動画広告の活用方法が
    わからない

  • ?

    商品やサービスの
    ブランディングをしたい

  • ?

    自社または自社商品の認知があまりない

  • ?

    動画広告はどのように
    進めればいいかわからない

  • ?

    動画広告を商品やサービスのターゲットユーザーのみに
    配信したい。

成功のための3つのポイント 最適な動画の作成と
ターゲットに合ったのアプローチ

  • 01

    Webに特化した動画を作成

  • 02

    配信した動画広告の結果の分析

  • 03

    商品やサービスに合った
    ターゲット選定

POINT.01 webに特化した動画を作成

webに特化した動画を作成

動画制作は静止画と比べ制作時間やコストがかかりますが、弊社では写真素材や商品ページURLをお送りいただき、ヒアリングシートをご記入いただくだけで、最短2営業日で動画を制作。1本12,000円から作成可能。
また、月額プランもご用意しており、より良い動画配信のため改修を行ってまいります。
YoutubeやInstagramTikTokなどさまざまなプラットフォームが誕生し、商品やサービス、ターゲットに応じた媒体を選ぶことで効果的にアプローチできるでしょう。

POINT.02 配信した動画広告の結果の分析

配信した動画広告の結果の分析

動画広告では静止画と違い、どのくらい視聴されたかが指標になってきます。
また、動画再生時間のうち何%まで再生されたか、なども重要になってきます。
配信目的によって各媒体のフォーマットも違うため、一概には言えませんが、上記などの数値から「動画の冒頭にインパクトを出しましょう」や「○○をターゲットとした動画内容にしましょう」といった改修案をご提示させていただき、PDCAサイクルを回していきます。

POINT.03 商品やサービスに合った
ターゲット選定

商品やサービスに合ったターゲット選定

動画広告は媒体によってさまざまなターゲット選定ができます。
Youtubeでは動画チャンネルの指定や動画のカテゴリを選んで指定の配信面へ表示することが可能。FACEBOOK/Instagramではユーザーの登録情報に基づいてターゲティングが可能なためユーザー属性のターゲティングは精度が高いのが特徴など媒体によってさまざまな特徴があるため、配信結果からより効果的なターゲット選定を行ってまいります。

導入までは5ステップ

  • ヒアリング Hearing

    お客様のサービス、商品などについてヒアリングさせていただきます。

  • 動画の作成 Video

    ヒアリングした内容をもとに効果的なクリエイティブの作成をおこないます。

  • 広告アカウントの作成 Account

    ユーザーがどのようなキーワードで検索されるか抽出し広告分を作成します。※各媒体の出稿前の審査があります。

  • Google Analyticsの
    設定
    Analytics

    効果検証をおこなうための解析ツールの各種設定をおこないます。

  • 広告掲載 Published

    審査通過後、広告掲載が開始されます。