インフィード広告とは?媒体例やおすすめのケース、メリット・デメリットを紹介

コンテンツになじませ自然な形で配信することができる「インフィード広告」。
自社でも配信したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

今回はそんなインフィード広告について、媒体例や費用感、おすすめのケースなど詳しく解説します。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

インフィード広告とは

インフィード広告とは、SNSやニュースサイトのフィード内に通常のコンテンツと同じ形式で表示される広告のこと。
フィードとはタイムラインのようにスクロール可能な一連のコンテンツのことを指します。

配信媒体内に広告を溶け込ませる「ネイティブアド」の一種です。

▼関連記事 ネイティブアドについて

インフィード広告の配信媒体

以下はインフィード広告を配信できる主な媒体です。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • TikTok
  • SmartNews
  • Gunosy

かつてはYahoo!広告でもインフィード広告を配信することができましたが、YDN(ディスプレイ広告)の終了に伴い利用できなくなりました。
ただ、ターゲティング設定によってはインフィード広告に似た配信を行うことができます。

インフィード広告のメリット

インフィード広告には以下のようなメリットがあります。

  • 広告感が薄くユーザーにストレスを与えにくい
  • クリック率・CV率が高くなりやすい

広告感が薄くユーザーにストレスを与えにくい

インフィード広告は通常のコンテンツや投稿と同じ形式で表示されるため、広告感が薄いのが特徴。

ユーザーから見ても当然画面を覆うような広告と比べて忌避感を抱きづらく、ネガティブな印象を持ちにくいのがメリットです。

クリック率・CV率が高くなりやすい

インフィード広告は、ものによっては一見広告だとわからないものもあります。

そのため通常のコンテンツと同様の感覚でクリックされやすく、広告から飛んだ先の記事内容が良ければ商品購入やお問い合わせにもつながりやすくなります。

インフィード広告のデメリット

着地先によっては反感を買う可能性がある

先ほどクリック率・CV率が高くなる傾向にあると言いましたが、それは着地先の内容に大きく左右されます。
着地先のコンテンツの質が低い・ユーザーにマッチしていない場合は逆に広告ということも相まって反感を買ってしまいかねませんので注意しましょう。

インフィード広告の費用

Web広告は金額が固定で決まっておらず、媒体によって課金形態も異なるため、一概にいくらということはできません。
ここでは複数ある課金形態ごとに費用感の相場を紹介します。
業種・商材などで変動しますので、あくまで目安ということで参考にしてください。

▼関連記事 Web広告の費用について

クリック課金型

広告のクリック回数に応じて料金が発生する課金方式です。
費用相場は1クリックあたり20~70円ほど。

インプレッション課金型

広告が表示された回数に応じて課金が発生します。
表示回数1000回ごとにいくら、というふうに決まることが多いです。

費用相場は1000回表示あたり200~800円ほど。

エンゲージメント課金型

SNSにおける、ォローやいいね、RTといったユーザーからのアクションが起こるごとに費用が発生するタイプです。

費用相場はエンゲージメント1回につき50~300円ほど。

インフィード広告がおすすめのケース

インフィード広告が向いているのは以下のようなケースです。

  • 詳しい商品説明が必要な商材
  • 潜在層へのアプローチ

詳しい商品説明が必要な商材

インフィード広告自体は情報量がさほど多くなく、広告で興味を引いて誘導した先の記事コンテンツなどで商材の紹介・アピールを行うのが一般的です。

そのため、短い文章では説明できないような複雑な特徴を持った商材の宣伝に向いていると言えます。
また、高額商品のような検討期間が長い商品にもおすすめです。

潜在層へのアプローチ

ニュースサイトやSNSを見ている人の多くは何か情報を求めて画面を見ています。
具体的に「○○が知りたい」という明確な目的はなくても、何らかのニーズは持っているもの。

インフィード広告は、そうした潜在層のユーザーに向けたアプローチを得意としています。

自社商材に興味がありそうな層にターゲットを絞り、そのユーザーに有益な情報を広告として配信するイメージです。

まとめ

今回はインフィード広告について解説しました。

媒体のフィード内に溶け込ませることができるインフィード広告。
広告感の薄さを生かして、さりげなくユーザーにアプローチすることが可能です。

現在、効果的なWeb広告選びについてまとめた資料を無料配布中。
インフィード以外にも様々な広告がありますので、広告の配信をご検討の方は是非ご覧ください。