Webサイトの検索順位を上げる方法とは?必ず抑えるべきSEO対策チェックリスト

自社のサイトを作ったはいいものの、なかなか検索上位に表示されなくて困っている……。
企業のWeb担当者にありがちなお悩みです。

かと言って何をすればよいかわからないからとりあえず放置している、という方も多いのでは。
しかし、ほったらかしにしていたところで検索順位が上がることはほぼありません。
順位の上昇を狙うなら、それ相応のSEO対策が必要です。

そこで今回は、Webサイトの検索順位を上げるための方法について詳しく解説します。
上位化のために抑えるべきポイントを一緒に学んでいきましょう。

コンテンツ一覧

検索順位はどのように決まる?

その前に、検索順位が決まる仕組みについて知っておきましょう。
ここをきちんと理解しておくと、のちのちSEO対策がやりやすくなります。

サイトの順位は、Googleアルゴリズムを基準として決定されます
ここでのアルゴリズムとは、簡単に言えば検索順位を決めるためのルールのようなもの。
Googleにおけるサイトの順位決定には、大小200以上のアルゴリズムが使われているとも言われています。

また、このアルゴリズムは日々アップデートされているため、同じキーワードで検索された場合でもその時々で順位が変わることがあるということを覚えておきましょう。

サイトが検索画面に表示されるまで

検索順位は以下のような流れで決定されます。

  1. 「クローラー」がサイトを巡回して情報を集める
  2. 集めたサイト情報をデータベースに登録する
  3. アルゴリズムに基づいて順位付けを行う

クローラーとは、インターネット上に存在するあらゆる情報を収集して、データベースに登録(インデックス)するロボットのことです。
ユーザーが検索を行ったとき、このクローラーが集めたデータベースの中からそのキーワードに検索キーワードにふさわしいサイトを表示させるという仕組みになっています。

逆にいえば、サイトがインデックスされていなければ、いくら検索しても検索結果に表示されることはありません
まずはクローラーにサイトを見つけてもらい、インデックスしてもらうことが必要なのです。

大事なのはサイトの質

では、順位付けの基準にはどのようなものがあるのでしょうか。

ランキングを行うGoogleアルゴリズムの中には、以下のような基準が存在すると言われています。

  • コンテンツの質
  • ユーザビリティ
  • セキュリティ
  • 被リンク     など

なかでもサイト運営を行う方が重要視すべきなのは「コンテンツの質」です。
Googleは、何よりもユーザーにとって有益な情報を高く評価します。
後ほど詳しく解説しますが、訪問するユーザーのことを考えたサイトを作っていくことが大切なのです。

検索順位を上げるためのチェックリスト

それでは、検索順位を上げるための具体的な方法を紹介していきます。
数が多いですが、是非参考にしてみてください。
自社で行うのが難しい場合は、業者に相談することをおすすめします。

URLを正規化する

URL内に「www.」「/index.html」などを入れても入れなくても、同じページを閲覧することが可能です。
しかし検索エンジンは、それらの有無で別々のページであると判断してしまいます。
そうなると、1ページで受けられるはずだった評価が「www.」があるページと無いページで分散してしまったり、重複コンテンツであるとみなされてペナルティを受けたりする場合があります。

それを防ぐために、検索エンジンに評価してもらうURLをどちらかに統一することを正規化と呼びます。

「301リダイレクト」で正しいURLに飛ばす方法や、「canonicalタグ」で正しいURLに評価を集約させる方法などがあります。

クローラーの巡回を促す

上でも少し触れましたが、クローラーにサイトや各ページが認識されなければ、検索画面に表示されることは永遠にありえません。
クローラーがサイトを巡回しやすくなるようにしておく必要があります。

XMLサイトマップを作成

XMLサイトマップとは、サイト内にあるコンテンツや構造をクローラーに伝えるためのファイルのことです。
簡単に言えば、サイトの地図のようなもの。

これを作成してGoogleに送信することによって、クローラーがそのサイトについて理解するのを助けることができます。

▼XMLサイトマップの作成と送信について

パンくずリストの設置

パンくずリストとは、今どのページを見ているかユーザーがわかるようにするための表記です。
ページの上部に「ホーム > コラム > SEO」のように表示されているのを見たことがないでしょうか。

これは閲覧ユーザーだけではなく、サイトを巡回するクローラーにとっても、サイト全体の構造が把握しやすくなるという利点があります。

構造化マークアップ

構造化マークアップとは、クローラーがサイトの内容を理解しやすくなるように、HTMLにタグ付けを行うことです。

例えば、「田中太郎 20歳 男」という表記があっても、クローラーはそれをただの文字列としか認識できません。
これに対してそれぞれタグを付け、これは人物名、これは年齢というようにクローラーに理解を促すイメージです。

▼構造化マークアップについて

サイト自体の利便性を高める

サイトの使い勝手も重要なポイント。
具体的に言うと、Googleによる評価の基準にもなっている「表示速度の改善」「スマホ対応」が挙げられます。

表示速度の改善

もし、URLをクリックしてからサイトが表示されるまでに3秒以上かかるようであれば改善が必要です。
ファイルサイズの軽量化やサーバー環境を見直すなどして、読み込みの高速化を図りましょう。

スマートフォン対応

200以上あるGoogleアルゴリズムの中に、「モバイルフレンドリー」というものが存在します。
これはスマートフォンでの表示に適していないサイトの順位を下げるというアルゴリズムで、サイト単位ではなく、ページ単位で適用されます

以下のツールで、自分のサイトがモバイルフレンドリーかどうか確認することができます。
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

狙いたいキーワードの選定

ページごとに、軸となるキーワードを選定しましょう。
ここで選んだキーワードで検索されたときに上位表示されるようにするのです。

ターゲットとなるユーザーがどんなキーワードで検索するか、そのキーワードに対してどんな情報を掲載するかという部分がポイントです。

タイトルや見出しにキーワードを盛り込む

選定したキーワードはタイトルや見出しにも積極的に使うようにしましょう。
これによって閲覧ユーザーに内容が伝わりやすくなると同時に、このページに何が描いてあるのか、クローラーにも認識されやすくなります。

質の高いコンテンツを作成する

キーワードが決まったら、それを軸にコンテンツを作成してみましょう。
ブログやコラムなどでユーザーが知りたがっている情報を発信するのがおすすめです。
これは「コンテンツSEO」と呼ばれ、多くの企業やブランドのサイトで使われている手法の一つです。

ここで大切なのは、ユーザーの検索意図を理解すること。
ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのかを考え、それに対する答えとなるような情報を掲載します。
Googleはユーザーにとって価値のあるサイトを高く評価しますので、ユーザーの疑問を解消できるサイトは検索順位が上がりやすくなるのです。

また、Googleはサイトの更新頻度も見ています。
長い期間放置していると徐々にサイトの評価が落ちていきますので、こまめに情報を更新するようにしましょう。

リンクを強化する

リンクの数は、Googleアルゴリズムにおける評価対象の一つです。
リンクには、外部のサイトから自分のサイトへ張られる「外部リンク」と、サイト内でページをつなぐ「内部リンク」の2種類があります。

外部からの被リンクを獲得する

Googleは、被リンクを多く獲得しているサイトを信頼性のあるサイトだと判断するため、検索順位が上がりやすくなります。

被リンクはそう簡単に獲得できるものではありませんが、価値のあるサイトには自然に集まってくるものでもあります。
そのためにはやはり質の高いコンテンツを充実させることが重要なのです。

関連ページ同士を内部リンクでつなぐ

実は、内部リンクにも外部からの被リンクと同様の効果があると言われています。
サイト内にページ同士で関連するものがあれば、リンクしておくのがおすすめです。

また、これを行うことによって、閲覧性の向上、ひいてはクローラーの巡回しやすさにも繋がります。
ただ、やみくもにリンクを張れば良いというわけではありません。あくまで関連するページ同士をつなぐにとどめましょう。

検索順位はどれくらいで上がる?

はっきり申し上げると、検索順位を上げるのに即効性のある方法はありません。
Googleも、成果が出るまで通常は4ヶ月~1年はかかると公式に発言しています。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。

引用:Google検索セントラル

検索順位を上げるためには、長期的な目線でコツコツ対策することが大切です。

検索順位を上げるためにやってはいけないこと

最後に、効果を急ぐあまり手を出してしまいがちな、SEOにおける悪手を紹介します。
Googleによるペナルティ対象にもなりますので、必ず避けるようにしましょう。

ペナルティを受けた場合、検索順位が上がるどころか、大幅な順位下落やインデックスから削除されて検索結果に表示されなくなることもあります

低品質コンテンツの量産

先ほどコンテンツSEOについてお話しましたが、ただ量があればいいというわけではありません。
低品質なコンテンツがいくらあっても意味がないどころか、SEO的には逆効果です。

ただのキーワードの羅列や自動生成された記事、内容が重複したものなどは言うに及ばず、一つのテーマを無理に分割して投稿したような内容の薄い記事もペナルティ対象になりえます。

▼Googleペナルティ解説記事

不正な被リンクの獲得

以前は盛んに行われていたSEOの手法です。
本サイトとは別に「サテライトサイト」と呼ばれるサブサイトを作ってリンクを張ったり、業者から被リンクを購入したりと、不正なリンクによって検索上位化をねらうという方法が横行していました。

しかし、近年はGoogleによって取り締まられ、不正なリンクはペナルティを受けるようになりました。

サテライトサイトについては以下の記事でも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

まとめ

今回はGoogleにおけるサイトの検索順位を上げる方法について解説しました。

ですが、検索順位は一朝一夕には上がりません。
長期的な目線で対策を施していくことが重要です。

ぜひチェックリストを参考に、高品質なサイトを目指して地道に改善してみてください。