Googleアナリティクスで流入元を確認し、自社サイトを分析する方法

自社サイトへの集客施策を検討する際に欠かせない流入元の分析。

Googleアナリティクスでは自社サイトへの流入元(参照元)を分類して分析ができます。

本記事ではアナリティクスで流入元を確認する方法と、分析の際に理解しておきたい用語を解説します。流入元データを分析し、集客の施策検討に活かしていきましょう。

コンテンツ一覧

Googleアナリティクスで流入元を確認する方法

流入元を確認する際はアナリティクスのサイドメニュー「集客」の機能を使用します。

ここではWebサイト全体の流入元を確認する方法と特定のページに絞って流入元を確認する方法を見ていきましょう。

Webサイト全体で流入元を確認する方法

「集客」>「すべてのトラフィック」の中にある以下のメニューから確認したいデータを選択しましょう。

アナリティクスの「集客」メニュー

  • チャネル
  • 参照元/メディア
  • 参照サイト

各用語の意味は後ほどご紹介します。

Webサイト全体で流入元を確認する際は上記機能を選択するだけで各種データを確認できます。

特定のページで流入元を確認する方法

次に特定のページで流入元を確認する方法をご紹介します。

流入元から自社サイト内のどのページへユーザーが訪問したかを確認する場合はランディングページ別にデータを分析します。

先ほどの画面から「セカンダリディメンション」のプルダウンをクリックし、「ランディングページ」を選択すると、「チャネル×ランディングページ」の掛け合わせデータが表示されます。

アナリティクスのページ別「集客」

アナリティクス「集客」のメディア×ランディングページ

「Direct」をクリックすると、「Direct」チャネルのみのデータに絞り込みが可能です。

画面右上の検索ボックスからもデータの絞り込みは可能ですが、この画面からは「チャネル」の絞り込みしかおこなえず、ランディングページでの絞り込みができません

 

ランディングページで絞り込みたい場合は、「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」からランディングページ一覧を表示します。

次に先ほどと同様にセカンダリディメンションから「チャネル」と検索し、デフォルトチャネルグループを選択します。

アナリティクス「行動」×チャネル

ランディングページ×チャネル

ここからはランディングページのURLをクリックするか、検索ボックスからURLを入力して絞り込みができます。特定のランディングページについてチャネル別データを確認する場合はこの方法が便利ですね。

流入元に関するアナリティクス用語

Googleアナリティクスで流入元を確認する際に使用する用語についても確認しておきましょう。

チャネル

「参照元」と「メディア」からルールに基づいて流入元を分類したグループをチャネルグループと呼びます。

例えば、Google検索とYahoo!検索は流入元が異なりますが、検索エンジン経由という共通点から「Organic Search」として分類されます。

 

Googleが定義するデフォルトチャネルグループには以下のようなチャネルがあります。

  • Organic Search:GoogleやYahoo!など検索エンジンからの流入
  • Paid Search:有料広告からの流入
  • Social:SNSからの流入
  • Direct:ブックマークなど直接の流入
  • Referral:他のサイトからの流入
  • Email:メールからの流入
  • Other:分類不可の流入

参照元

参照元はチャネルのような分類を行わず、個別の流入元サイトの情報を指します。例えば、流入元がGoogle検索なら「google」、Yahoo!検索なら「yahoo」してデータを確認できます。

メディア

メディアは参照元を一般的な分類でまとめたデータ。自然検索なら「organic」、SNS経由での流入なら「social」となります。

参照サイト

他サイトからの流入が具体的にどのサイトからかを調べることができる参照サイト。例えば当サイトからの流入は「creal.co.jp」としてデータが表示されます。

参照元に自社サイトが表示される原因とは?

自社サイトをの流入元を分析していると、自社サイトが参照元になっているケースを見かけます。

参照元は他サイトから自社サイトへの流入ですから不自然なデータですよね。このような場合によくある原因がクロスドメイントラッキングの設定ミス。

 

仮に以下2つのドメインで1つの自社サイトを運営し、クロスドメイントラッキングを設定したとしましょう。異なるドメインとは言え、1つのサイトに組み込んでいる場合はサイトAとサイトBを同じサイトとしてアクセス解析したいですよね。

  • https://creal-aaa.co.jp/(サイトA)
  • https://creal-bbb.co.jp/(サイトB)

ユーザーがサイトAからサイトBへアクセスした際に、正しくクロスドメインが設定できていればアナリティクス内では同一サイト内のページを遷移したとみなします。

しかし、クロスドメイン設定が間違っていたり、設定していなかったりすると、サイトAから他サイトのBへ遷移したとみなされます。

その結果、サイトBの参照元に「creal-aaa.co.jp」が表示されるということです。

 

他にもリダイレクトによる影響やフレームを使用しているなど、様々な原因で参照元に自社サイトが表示される場合があります。

Googleアナリティクスで流入元を確認する方法まとめ

流入元データ分析はアクセス解析に欠かせません。広告で集客したユーザーが成果に繫がっているか、メールからどれぐらいのアクセスがあるかなど、流入元をチャネル別に分析することは集客施策を振り返る際に重要な分析です。

アナリティクスで流入元を確認する方法や用語について理解を深め、正確なアクセス解析を行いましょう。