LINE広告の種類を紹介!豊富な配信面とターゲティング方法

更新日:2022年02月09日

老若男女幅広い層が利用しているメッセージアプリ、LINE。
そんなLINEの中では様々な種類の広告を配信することが可能です。

今回は、LINE広告の配信面やターゲティング方法について解説していきます。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

LINE広告とは

LINE広告とは、LINEとその関連サービス内に配信できる広告のこと。

SNS広告の一種ですが、他のSNS媒体と比較すると利用ユーザーが多く(2021年6月時点で約8900万ユーザー)、年代の幅も広いのが特徴です。

LINE広告の配信面

LINEには関連サービスが複数あるため、豊富な配信面を保有しています。
一つずつ紹介していきましょう。

  • トークリスト
  • LINE VOOM(旧タイムライン)
  • LINEマンガ
  • LINE NEWS
  • LINE BLOG
  • LINE ポイントクラブ
  • LINEショッピング
  • LINE チラシ
  • LINE クーポン
  • ウォレット
  • LINE広告ネットワーク

トークリスト

LINEアプリの中で最も目にすることの多い画面です。
広告枠は画面の最上部に設置されているため、確実にユーザーの目に触れさせることができます。

Smart Channel

引用元:LINE for Business

LINE VOOM(旧タイムライン)

通常の投稿と同じ形式で広告を配信できます。
かつてはタイムラインと呼ばれていましたが、現在はLINE VOOMに名称変更されました。

友達追加してくれているユーザー以外にも配信できます。

LINE VOOM

引用元:LINE for Business

LINEマンガ

関連サービス「LINEマンガ」内に広告を配信できます。
10代~30代の若年層向けの配信に向いています。

LINEマンガ

引用元:LINE for Business

LINE NEWS

こちらも関連サービスの一つ。習慣的に利用するユーザーが多いアプリです。
トップページ以外にも、各記事に広告枠に配信可能です。

LINE NEWS

引用元:LINE for Business

LINE BLOG

芸能人から一般人まで多くのブロガーが利用しているサービスです。
7:3の割合で女性ユーザーの比率が多く、20~40代を中心に利用されています。

LINE BLOG

引用元:LINE for Business

LINE ポイントクラブ

LINEで使えるポイントを獲得できるサービスです。
獲得条件には「友達追加」「動画視聴」など様々なものがあります。
国内最大級のリーチを誇り、ポイントクラブのPV数は間2.8億にも上ります。

LINEポイントクラブ

引用元:LINE for Business

LINEショッピング

LINE上でネットショッピングができるサービスです。商品の検索から決済まで完了できます。
ユーザーの多く(約7割)が女性で、20~40代の主婦層に人気のサービスといえます。
LINEショッピング

引用元:LINE for Business

LINE チラシ

スーパーや薬局など、店舗のチラシがLINE上で確認できるサービスです。
ここを閲覧するユーザーは目的を持ってチラシを見ていることが多いため、比較的購入意欲が高いユーザーであるといえます。

LINE クーポン

全国各地の店舗で利用できるクーポンが掲載されています。
お得な情報にアンテナを張っている40~50代女性がメイン配信ターゲットになります。

ウォレット

LINE内でのお金のやりとりの管理を行う画面です。
会員証や店舗のポイントカードといった機能もあり、実店舗での買い物の際にも目にする機会が多いのが特徴です。

買い物のキャッシュレス化が進んでいることもあり、注目の配信面のひとつです。

LINE広告ネットワーク

LINEの関連サービスのみならず外部のメディア・アプリにも広告を配信できるアドネットワークです。
LINEの保有する膨大なユーザーデータを用いることにより、詳細なターゲティングを行えます。

LINE広告のターゲティング・配信機能

ここからは、LINE広告で使える様々な配信方法について解説していきます。

  • デモグラフィックデータ配信
  • オーディエンス配信
  • 友だちオーディエンス配信
  • リーチ&フリークエンシー
  • リエンゲージメント配信
  • ブランドリフトサーベイ

デモグラフィックデータ配信

年齢、性別、地域、興味関心といった情報を元に広告配信をおこないます。
顧客となる確率の高いユーザーに配信を集中できるため、費用対効果を高めることが可能です。

オーディエンス配信

ユーザーの閲覧履歴や商品購入履歴を利用した配信方法です。
一度ある商品を購入したユーザーに関連商品の広告を配信して購入を促す、といった使い方ができます。

友だちオーディエンス配信

公式アカウントの友だち情報をターゲットとして広告を配信する方法です。
通常の友だち自分をブロック中の友だち、二種類のオーディエンスを作成可能です。

また、これらのオーディエンスと似たユーザーに配信するという機能もあるため、現在友だちではないユーザーに対しても広告を届けることができます。

リーチ&フリークエンシー

月に一回以上LINE VOOMの広告に接触したユーザーを対象とした配信方法です。
複数回アプローチすることになるため、商品やブランドの印象付けに効果的です。

リエンゲージメント配信

宣伝したいアプリをすでにインストールしており、現在は使っていないというユーザーが対象の配信方法です。
広告を配信することによって、アプリを再度利用してもらえるように促します。

ブランドリフトサーベイ

広告や商品に対する認知度を測ることができる方法です。
リーチ&フリークエンシーと同様に広告の接触があったかどうかでユーザーを分類し、それぞれのユーザーに対してアンケート等を実施することによって広告効果を計測します。

LINE広告の費用

LINE広告の費用形態には「クリック課金型」「インプレッション課金型」「予約型」の3つがあります。

最初の2つは自分で予算を設定し、ユーザーからのアクションが発生するごとに課金が発生して予算が消化されていくという仕組みです。

予約型はあらかじめ配信期間が決められている方式で、その長さによって金額が変動します。

Web広告の費用相場に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事 Web広告の費用について

まとめ

今回はLINE広告の種類について解説しました。

LINE広告と一口に言っても様々な種類があります。
自社の商材をアピールするにはどんな形式で、どんな配信を行うと効果的なのか、ぜひこの記事を参考に考えてみてください。

LINE広告をはじめ、Web広告の媒体選びにお困りの場合は「初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方」も参考にしてみてくださいね。