ランディングページの効果とは?メリット・デメリットや効果を高めるポイントも紹介

広告を経由して最初にアクセスするサイト、「ランディングページ」。
Web広告の効果を高めるために、非常に大きな役割を担っています。

とは言っても、「ランディングページって具体的にどういう効果があるの?」「うちには必要なの?」と疑問を持っている方も多いでしょう。

今回はそんなWeb担当者の方向けに、ランディングページについて解説します。
自社で運用するかどうかの検討材料として、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツ一覧

ランディングページとは

まず、ランディングページの定義について抑えておきましょう。

非常に紛らわしいのですが、Web業界で使われるランディングページという単語には、大きく分けて広義と狭義、2つの意味があります

広義のランディングページ

まずは広義の方から。

その名の通り、着地ページのことを指します。
「着地」とは外部からサイトにアクセスすること。
つまり、検索エンジンや広告、SNSなどを経由して最初に訪れたページはすべてランディングページなのです。

こちらの意味で使われるランディングページは、入り口ページとも呼ばれます。

狭義のランディングページ

続いて狭義のほうですが、こちらが今回解説する方のランディングページです。

狭義のランディングページは、Web広告や自社サイトを経由して最初に着地する、ユーザーを商品購入やお問い合わせまで導くことに特化したサイトのことを指します。
1ページのみで構成された縦長のページであることがほとんど。

略してLPとも呼ばれます。
Webマーケティングの分野においては、狭義の方を指すことが多いです。

ランディングページの効果・役割

ランディングページとは何かを説明したところで、効果についての解説に移りましょう。
どのような役割があり、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ユーザーの購買意欲を高める

ランディングページには、ユーザーの購買意欲を高める効果があります。

ランディングページを使った集客は、広告や自社サイト経由でページを訪れたユーザーに、商品やサービスの情報を見せ、お問い合わせや購入まで進んでもらうという流れ。
コンバージョン(お問い合わせや購入といった最終目標)を獲得するために、ページ内で商品やサービスのアピールをするのです。

後ほど詳しく解説しますが、ランディングページは、インパクトの強いデザインや理想的な順番での情報提示など、ユーザーに情報を伝える際の強みを持っています。

こうした面を活かして、訪れたユーザーの購買意欲を高める効果があるのです。

ユーザーをコンバージョンまで導く

ユーザーが他のサイトへと流れてしまわないように、しっかりとコンバージョンまで導くのもランディングページの役割。
お問い合わせや購入のボタンへの導線を複数設置した、コンバージョンの獲得に特化した設計です。

通常のサイトとは異なり、コンバージョンまでが一本道であるため、ユーザーを逃がしにくいのです。

ランディングページのメリット・デメリット

ここで、ランディングページのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。
ひとつずつ見ていきましょう。

メリット

ユーザーの知りたい情報をまとめて見せることができる

ユーザーに伝えたい情報を、1ページに集約して届けることができます。

通常のWebサイトを閲覧する場合、基本的には複数のページの中から、知りたい情報を自力で探す必要があります。
しかし、ランディングページは1ページのみに全ての情報が詰まっていますので、ユーザーに手間をかけることがありません。

また、上から下にスクロールするという性質上、こちらが意図した順番の通りに情報を読ませることができます。
お問い合わせや購入に至るまでの情報提示を、営業トークのように順序立てて行うことが可能なのです。

デザインの制約が少ない

画面を広く使い、大きな画像を多用したランディングページを見たことがあるのではないでしょうか。

先ほども述べたように、ランディングページは1ページのみで構成されています。
そのため通常のWebサイトのように別のページへの導線を設置する必要がなく、グローバルメニュー(画面上部のメニュー)やサイドメニューを設けずに済むため、比較的自由にレイアウトを行うことができます

こうした理由で、デザイン性が高くインパクトの強いページを作成できるのです。

ユーザーの途中離脱が少ない

ランディングページは通常のサイトと比べて閲覧途中の離脱が少ない傾向にあります。
これは、ランディングページがユーザーをコンバージョンまで導くことに特化しており、その妨げとなるようなリンクを極力排しているためです。

逆に、お問い合わせや購入のボタンをコンテンツの合間合間に設置することによって、ユーザーが離脱する前にコンバージョンに繋げているという面もあります。

デメリット

検索上位化を狙うのは難しい

ランディングページを検索上位化するのは至難の業。

というのも、インパクト重視のランディングページでは、文字や文章も派手なフォントの画像として掲載することが多いためです。
そうすると、人間のユーザーには何を書いているのか問題なく理解できるのですが、画像を「画像」としか認識できない検索エンジンには何と書いているのか読み取ることができません。
検索エンジンは、テキストデータの文章しか読み取ることができないのです。

このため、いくら情報の質が高くても検索エンジンに評価されにくいというデメリットがあります。

制作コストがかかる

ランディングページを新たに制作する場合は、当然その分のコストがかかります。

また、とりあえず安く済ませたいから最低限の内容で作るという格好では、思うように効果は出にくいでしょう。
広告の効果を底上げするためのランディングページを作るには、事前の全体設計やコンテンツ制作が必要となるため、それなりのコストがかかるということを覚えておきましょう。

ちなみに、相場はおよそ10~50万円程です、

ランディングページの効果を高めるには

ただ漠然とランディングページを置いておくだけでは、最大限活用できているとは言えません。
効果的な運用を行うために、以下のポイントを心がけてみましょう。

ターゲットに合わせた設計を行う

ランディングページは、広告や自社サイトを経由して訪れた特定のユーザーに見せるもの。
そのターゲットに合わせた設計を行うことが大切です。
例えば、化粧水の広告の場合は、まずユーザーの悩みに共感する文章、次に化粧水が持つ効能、信頼性アップのためにお客様の声を入れる……など、ユーザーの思考に合わせた構成が効果的です。

このように、ターゲットに合わせた内容、情報提示の順番を設計するように心がけましょう。

効果測定を元に調整を行う

可能であれば、都度内容のチューニングを行いましょう。

定期的に実際のコンバージョン数やクリック数、直帰率を確認し、改善点を分析することが大切です。
また、余裕があればヒートマップツールを導入してみても良いでしょう。
ヒートマップツールとは、どのエリアがよくクリックされたか、どこまでスクロールされたかといったユーザーの行動を、サーモグラフィーのような色の変化で可視化できるツールです。

こうした効果測定によって問題点をあぶり出し、文章や画像の差し替え、コンテンツの並び変更など、チューニングを行うことをおすすめします。

ABテストを行う

ABテストとは、異なるパターンのサイトやバナー画像を用意し、どちらが良い成果を出せるのか実際に運用しながら検証するWebマーケティングの手法です。

ランディングページの場合は一部の画像やコンテンツを変えた2パターンを用意することが多いです。
このAパターンBパターンを並列、もしくは時期を変えて運用し、どちらがコンバージョンを多く獲得できたかを検証するのです。
これを続けることで、コンバージョン率の向上や、自社のノウハウ蓄積に繋がります。

とはいえ結構な手間がかかるテストです。もし余裕がある場合は試してみてください。

ランディングページの参考サイト

最後に、ランディングページの事例を見ることができるサイトをご紹介します。
実際にどのようなランディングページが使われているのか、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回はランディングページについて解説しました。

ランディングページには、自社に興味を持ったユーザーの購買意欲を高め、コンバージョンにつなげる効果があります。

メリット・デメリットはもちろん両方存在しますが、この記事を読んで、自社に合っていると思った場合は運用を検討してみてはいかがでしょうか。