Googleショッピング広告とは?配信までの流れやメリット・デメリットを解説

更新日:2022年02月22日

商品の情報を検索結果画面に表示できる、Googleショッピング広告
気になっているECサイト運営者の方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんなショッピング広告の仕組みや配信までの流れ、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

ショッピング広告とは

ショッピング広告とは、ユーザーが商品名などでGoogle検索を行った際、検索結果画面の上部に表示される広告のこと。
同じ仕組みで配信される広告にリスティング(検索連動型)広告もありますが、ショッピング広告の表示枠はそれよりも上に設置されています。

掲載できる情報量の多さが特徴で、商品名、商品画像、価格、店舗名などを表示することが可能です。
「送料無料」という表記や、評価(レビューの数)が表示される場合もあります。

Googleショッピング広告の例

正しくは「Googleショッピング広告」ですが、今回は便宜上ショッピング広告と呼ぶことにします。

ショッピング広告配信の仕組みと流れ

ショッピング広告を配信するためには、Google広告のアカウントとGoogle Merchant Centerを連携し、商品のデータを登録する必要があります。

Google Merchant Centerとは、Googleショッピングタブ(検索結果画面の「画像」「動画」等並んでいるタブの一つ)を管理するツール。
ショッピングタブに掲載される商品情報の審査や管理、登録などをおこないます。

以下が配信までの手順です。

  1. Google Merchant Centerへ登録
  2. データフィードの作成
  3. Google広告でショッピングキャンペーンを作成

Google Merchant Centerへ登録

まずはGoogle Merchant Centerのアカウントを開設し、Google広告のアカウントと紐付けましょう。

Merchant Centerアカウントの設定ページに紐付けたいGoogleアカウントでログインし、新しいアカウントを作成します。

詳しくはGoogle公式のガイドをご覧ください。
Google Merchant Center に登録する

データフィードの作成

次に商品のデータフィードを作成しましょう。
商品を一つずつ登録する方法もありますが、商品数が多い場合は情報をデータフィードにまとめて登録する方法がおすすめです。

フィードをアップロードする

Google広告でショッピングキャンペーンを作成

最後にGoogle広告側でキャンペーンの作成を行います。

Merchant Centerアカウントからの紐付けリクエストを承認した後、「新しいキャンペーンを作成」⇒キャンペーンタイプ「ショッピング」を選択します。
期間、予算、入札戦略を設定すれば広告の配信準備は完了です。

ショッピング広告の配信費用

ショッピング広告の配信費用に決まった金額はありません
大半のWeb広告は自分で予算を決める形式であり、ショッピング広告もそのタイプです。

Web広告費の相場は、以下の記事を参考にしてみてください。

Googleショッピングの無料枠

Googleショッピングには「無料リスティング」というものも存在します。
Merchant Centerの設定画面で無料掲載を有効にすると、ショッピングタブ内の無料枠(有料広告枠の下)に掲載されることがあります。

Googleショッピング無料枠

 

ショッピング広告のメリット

ここからは、ショッピング広告のメリットとデメリットを紹介していきます。
主なメリットは以下の3点です。

  • ユーザーの目に留まりやすい
  • 掲載できる情報量が多い
  • クリック単価を抑えられる

ユーザーの目に留まりやすい

ショッピング広告はリスティング広告よりも上の枠に表示され、さらに画像つきであるため、ユーザーの目に留まりやすいのがメリットです。
また、一度の検索で自社の商品が複数表示されることもあります。

見たユーザーの印象に残れば、購入までは至らなくても認知拡大に一役買うことができるでしょう。

掲載できる情報量が多い

ショッピング広告には、商品の画像、商品名、価格、店舗または会社名が掲載されます。

在庫状況やレビューによる評価といった詳細情報が表示されることもあり、ユーザーが広告をクリックする前にどんな商品なのかを伝えることが可能です。

クリック単価を抑えられる

ショッピング広告は着地ページがECサイトの場合にしか配信できず、リスティング広告ほどの競合はいないため、クリック単価を抑えることができます。
加えて、リスティング広告に比べてクリックされやすいショッピング広告は品質スコアが上がりやすく、品質スコアの高い広告は単価が安くなる傾向にあります。

ショッピング広告のデメリット

以下のようなデメリットもあります。配信の際には注意が必要です。

  • 商品フィードの用意が手間
  • キーワードごとの入札調整ができない

商品フィードの用意が手間

ショッピング広告を配信する際には、商品名や説明文、金額といった商品のデータをMerchant Centerにアップロードする必要があります。
一つひとつ設定しなければならないため、商品数が多い場合はかなりの手間になるでしょう。

また、セールを行う際や在庫切れの際など、商品の状況が変化する場合にはデータの更新が必要です。

キーワードごとの入札調整ができない

ショッピング広告は、Googleが自動的に商品に合ったキーワードを判断して最適な配信を行ってくれます。
しかし、逆に言えば自分でキーワードごとに予算設定することはできないということ。
予算の配分はすべてGoogle任せになるため、自分の判断で特定のキーワードに予算を多く割くといった運用の調整ができません。

まとめ

今回はGoogleショッピング広告について解説しました。

ECサイトの集客にぴったりのショッピング広告。
気になっている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

現在、効果的なWeb広告選びについてまとめた資料を無料配布中です。
ショッピング広告以外にも様々な広告がありますので、広告の配信をご検討の方は是非ご覧ください。