Googleアナリティクスのアクティブユーザーとは?コホート分析も解説

デジタルマーケティング業界でよく耳にするアクティブユーザー(AU)数。

1日のアクティブユーザーを表すDAU(Daily Active Users)や月間アクティブユーザーを表すMAU(Monthly Active Users)などのユーザー数は事業成果指標として重要です。

本記事ではGoogleアナリティクスでアクティブユーザーを調べる方法をご紹介します。

>>10分でわかる!初心者向けアナリティクス速習ブックはこちら(無料)

コンテンツ一覧

アクティブユーザー(AU)とは

アクティブユーザー(AU)は期間中のユニークユーザーをカウントします。Webサイトの場合は期間中にWebサイトへ訪問したユニークユーザー数、アプリの場合は期間中にアプリを使用したユニークユーザー数となります。

Googleアナリティクスのアクティブユーザーとは?

Googleアナリティクスにはアクティブユーザー以外にもページビューやセッションといった似ている指標があるので明確に区別する必要があります。

  • ユーザーAがWebサイトのページ1へ訪問し、ページ2へ回遊して離脱した
  • ユーザーAが再びWebサイトのページ3へ訪問し、離脱した

この場合、1人のユーザーAのみがWebサイトへ訪問しているため、アクティブユーザー数は1となります。ページビュー数はページ1、2、3の合計で3となり、セッション数はサイトへ訪問した回数の2となります。

Googleアナリティクスのアクティブユーザーを考える上で注意が必要なのが、同一人物=同一ユーザーとは限らない点。ユーザーを認識するのはブラウザベースのため、同一人物がパソコンとスマートフォンそれぞれからアクセスした際はユーザー数が2として計測されるということです。

 

また、セッションの詳細はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ユニークユーザー(UU)とアクティブユーザー(AU)の違い

ここまでお伝えしたアクティブユーザーの内容から、ユニークユーザーとの違いがわからないと感じられたかもしれませんね。結論からお伝えすると、Googleアナリティクスのアクティブユーザーとユニークユーザーの数値は同じです。

 

  • アクティブユーザー・・・対象期間を設定する
  • ユニークユーザー・・・対象期間を設定しない

本来であれば上記のように対象期間の違いがありますが、Googleアナリティクスでは分析する期間を指定するため、結果的に両者の差は無くなります。

アクティブユーザーのアクセスを解析する2つの方法

ここからはGoogleアナリティクスでアクティブユーザーの数値を確認し、アクセス解析する2つの方法をご紹介します。

ユーザーメニューからのアクセス解析

「ユーザー」→「アクティブユーザー」から確認できます。

ユーザー>アクティブユーザー

 

この画面では下記4パターンのアクティブユーザー数が表示されます。

  • 1日のアクティブユーザー数
  • 7日間のアクティブユーザー数
  • 14日間のアクティブユーザー数
  • 28日間のアクティブユーザー数

コホート分析からのアクセス解析

単純にアクティブユーザー数を調べるだけなら先ほどのユーザーメニューから確認すれば良いのですが、あくまでも直近の4つの期間におけるアクティブユーザー数しか把握できません。

そこで、アクティブユーザーをどのぐらい維持しているかを知るために活用したいのがコホート分析です

 

「ユーザー」→「コホート分析」からデータを表示してみましょう。

コホート分析

 

「コホートの種類」にはプルダウンがあるものの、「集客の日付」しか選択ができません。コホート=共通点でまとめられる母集団であり、Googleアナリティクスでは同一日に集客したユーザー単位での分析ができるということになります。

「コホートのサイズ」では日別、週別、月別が選択できます。「指標」では様々な指標から選択でき、「期間」は過去7日、過去14日、過去21日、過去30日の4つに切り替え可能です。

 

コホート分析2

上図は指標にページビューを設定したサンプルデータです。

赤枠の2箇所を比べると、16日の集客ユーザーが翌日にもWebサイトへ訪問した割合が約5.2%(252÷4,776)に対して、19日は約8.8%(1,399÷15,745)となっています。

 

もし19日に集客施策を実施していたなら、その施策は通常時のユーザーよりも質の高いユーザーを集客できたのでは? といった仮説を立てられますね。一定期間後に分析すると、施策後の定着率が高いかどうかも判断ができます。

Googleアナリティクスのアクティブユーザーまとめ

以上、Googleアナリティクスのアクティブユーザーについてご紹介しました。

Googleアナリティクスのアクセス解析においてはユニークユーザーと同じ指標として扱って問題がないアクティブユーザー。コホート分析も活用して、サイト運営に活かしていきましょう。

Googleアナリティクスの基本から学ばれたい場合は初心者向けアナリティクス速習ブックもご活用ください。