アナリティクスのユーザー数とは?計測の仕組みを解説

更新日:2022年04月13日

アクセス解析の基本指標の一つ、ユーザー数。

Googleアナリティクスでよく使うユーザー数のデータは馴染みがある人も多いかと思います。しかし、意外とユーザー数=サイトへ訪問した人の合計と誤解している人も少なくありません。

本記事ではユーザー数を正しく理解し、解析するための情報をまとめています。

>>10分でわかる!初心者向けアナリティクス速習ブックはこちら(無料)

コンテンツ一覧

Googleアナリティクスのユーザー数とは?

Googleアナリティクスにおいて「ユーザー数」と表示されている場合はユニークユーザー(UU)を指し、延べ数でない点には注意が必要です

また、ユーザー数に関して使われる他の指標としてアクティブユーザー(AU)も抑えておきましょう。

ユニークユーザー(UU)とは

ユニークユーザー(UU)とは、本来は延べ数(総数)と対にあたる実数としてカウントしたユーザー数ですが、Googleアナリティクスでは後述する仕組みの関係で同一人物が必ずしも同一ユーザーと判別できないケースがある点に注意が必要です。

アクティブユーザー(AU)とは

アクティブユーザー(AU)とは、対象期間内におけるユニークユーザーです。しかし、Googleアナリティクスにおいて期間を指定せずにデータを解析するケースが無いため、ユニークユーザー数を抽出する際にも対象期間が存在します。

そのため、アナリティクスにおいてアクティブユーザーとユニークユーザーに違いはありません。

  • ユニークユーザー・・・対象期間を設定しない
  • アクティブユーザー・・・対象期間を設定する

アナリティクスがユーザーを計測する仕組み

Googleアナリティクスでは「同一人物が必ずしも同一ユーザーと判別できないケースがある」とお伝えしましたが、これは「ユーザー=ブラウザ」として計測していることに起因します。

ユーザー≠人、ユーザー=ブラウザ

GoogleアナリティクスではCookie(=サイト閲覧時にブラウザへ保管するデータで、ログイン情報を保持するなど同一ブラウザをサイトが識別するためのもの)を使ってユーザーを識別しています。

ブラウザがベースとなるため、同一人物が異なるブラウザでWebサイトへ訪問するとアナリティクス上では別のユーザーとして計測されるのです。

 

例えば下記の3パターンでは、いずれも同一人物のAさんがWebサイトを閲覧しているため、実数ではAさん一人だけのアクセスとなります。

しかし、ブラウザで識別するアナリティクスにおいてはそれぞれ異なるブラウザからのアクセスのため、ユーザー数は3と計測されるのです。

  1. Aさんが会社のパソコンから「https://www.creal.co.jp」を閲覧した
  2. Aさんが自宅のパソコンから「https://www.creal.co.jp」を閲覧した
  3. Aさんが外出先でスマホから「https://www.creal.co.jp」を閲覧した

※User-ID機能を使用して異なるブラウザでも同一ユーザーと認識することも可能ですが、基本的なGoogleアナリティクスの仕様を把握するためここでは割愛しています。

期間指定とユーザー数の考え方

ユーザー数は指定した期間内でのユニークユーザーを計測した数値となります。

そのため、指定する期間毎にユーザー数の前提条件が変わるため、日別のユーザー数の総数が期間全体のユーザー数と一致しないケースがある点を把握しておきましょう

 

<1月1日から1月3日に下記ユーザーがサイトへ訪問した場合>

  • 1月1日:ユーザーA、ユーザーBがサイトへ訪問
  • 1月2日:ユーザーAがサイトへ訪問
  • 1月3日:ユーザーAがサイトへ訪問

日別のユーザー数と全期間のユーザー数は以下の通り。

  • 1月1日:ユーザー数=2
  • 1月2日:ユーザー数=1
  • 1月3日:ユーザー数=1
  • 1月1日~1月3日:ユーザー数=2(※4ではない)

>>10分でわかる!初心者向けアナリティクス速習ブックはこちら(無料)

ユーザー数をアナリティクスで確認する方法

初めてGoogleアナリティクスでアクセス解析する場合は用語の本当の意味や計測の仕組みに落とし穴があるユーザー数ですが、アナリティクスの見方はとても簡単です。

ここではユーザー数(ユニークユーザー数)とアクティブユーザー数を確認する画面をご紹介します。

ユーザー数(ユニークユーザー数)を確認する

ユーザー数の見方は、「ユーザー」→「概要」を開くだけ。簡単ですね。

GAのユニークユーザー

 

ちなみに、ユーザーの右側にある「新規ユーザー」は過去2年以内にWebサイトへ訪問していないユーザーを計測した数値です。詳しくはこちらの記事で解説しています。

アクティブユーザー数を確認する

アクティブユーザー数の見方も簡単です。先ほどの「概要」のすぐ下にある「アクティブユーザー」をクリックすれば確認できます。

アナリティクスにおけるユーザー数まとめ

本記事ではGoogleアナリティクスのユーザー数についてご紹介しました。

ユニークユーザーとアクティブユーザーの定義や計測の仕組み、アナリティクスの画面の見方を把握できればユーザー数に関しての基本は抑えられています。

ユーザー数のような用語以外にも、Googleアナリティクスの設定から基本操作まで抑えておけばWeb担当者としては十分アクセス解析ができる状態です。もしアナリティクスの基本的な使い方から抑えておきたい場合は、「初心者向けアナリティクス速習ブック」もご活用いただけると幸いです。

 

初心者向けアナリティクス(UA)速習ブック

初心者向けアナリティクス(UA)速習ブック

Webサイトの分析に欠かせないアクセス解析の王道ツール、Googleアナリティクス。

Googleアナリティクス(UA)は多岐にわたるデータを計測できますが、最初から全てのデータを見るのは非効率。主要画面とデータの見方を理解し、分析をおこなうことが重要です。そこで初心者の方が10分で要点を学ぶための解説書をご用意しました。

▼本資料に掲載されている内容の一例は・・・
・Googleアナリティクスのアカウント開設手順
・利用開始後におこなうべき初期設定とは?
・主要画面と活用ポイント
・初心者が最初に抑えておきたい活用法とは?

アクセス解析に取り組むはじめの一歩としてぜひご活用ください。