Instagram広告の種類を全てご紹介!配信フォーマットとその特徴

更新日:2022年07月25日

若い世代を中心に広く利用されているInstagram
その中に配信できる広告には様々な種類があります。

今回はそんなInstagram広告について詳しく解説していきましょう。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

Instgram広告とは

Instagram広告とは、Meta社(旧Facebook社)が提供するWeb広告です。
Instagram自体がビジュアル重視のSNSであるため、配信できる広告も画像や動画などをメインにした、視覚的にユーザーに訴求できるフォーマットが多いのが特徴。

ユーザーの平均年齢は比較的低く、若年層へのアプローチを得意としています。

Instgram広告の種類

以下はInstagram広告で利用できる配信フォーマットです。

  • フィード広告
  • ストーリーズ広告
  • リール広告
  • ブランドコンテンツ広告
  • ショップ広告
  • 発見タブ広告

一つずつ紹介していきましょう。

フィード広告

フィード、つまりタイムライン上に表示させることができる広告です。
ユーザーの体験を妨げることなく、自然なかたちで見てもらえるというメリットがあります。

画像、または動画とキャプションによって構成され、広告内にショッピングタグを設置し、Instagramショップに誘導することも可能です。

フィード広告

ストーリーズ広告

24時間で消える投稿、ストーリーズ内に配信できる広告です。
こちらも他のストーリーと同じ形式で配信することができます。

画面を大きく使った縦型の動画でユーザーにインパクトを与えることが可能です。

ストーリーズ広告

リール広告

動画コンテンツをまとめたタブ、「リール」に表示される動画広告です。
ストーリーと違い、スクロールして画面を切り替えない限り同じ動画がループ再生されるのが特徴です。

リール広告

ブランドコンテンツ広告

ブランドコンテンツ広告とは、インフルエンサーや有名人の投稿を、ブランドの広告として配信するものです。
その人の知名度を借りることができ、フォロワーが多ければ多いほど広範囲にアプローチできるというメリットがあります。

認知拡大・ブランディングに優れた広告です。

ショップ広告

ショップタブに表示される広告です。
広告をクリックすると、その商品の詳細情報や同じショップの別の精進を見ることができます。

ショップ広告一覧 ショップ広告詳細

発見タブ広告

Instagram内検索が行える「発見タブ」に配信される広告で、画像の場合はフィード広告と、動画の場合はリール広告と同じ形式です。
発見タブにタイル上に配置されたサムネイルをタップすると閲覧できるフィードの中に表示されます。

Instagram広告のターゲティング

Instagram広告では、提供元が同じFacebook広告とほぼ同じターゲティングが可能です。
蓄積された膨大なユーザーデータに基づき、高精度なターゲティングを実現しています。

詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

▼関連記事 Facebook広告のターゲティングについて

Instgram広告の費用

Instagram広告には固定の費用などは設定されていません
自分で予算を設定し、ユーザーのアクションや閲覧が発生するごとに課金が発生して予算が消化されていくという仕組みです。

Web広告の費用相場については以下の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事 Web広告の費用について

Instagram広告のポイント

最後にInstagram広告を配信する歳のポイントを紹介します。
実際に配信する際にはぜひ参考にしてみてください。

  • 高画質な素材を使用する
  • 動画は長くしすぎない
  • 複数のフォーマットを利用する

高画質な素材を使用する

冒頭でも述べた通り、Instagramはビジュアル重視のSNSです。
一般の投稿でも見栄えの良い写真・動画は多いため、その中で見栄えの悪い素材を使うと目立ちにくくなり、地味な印象を与えてしまいます。

高画質でユーザーの目を引けるような素材を使用しましょう。

動画は長くしすぎない

ユーザーは、興味がある動画ならまだしも、広告の動画はすぐに飛ばしてしまいます。

Instagram内に配信できる動画広告の長さは最長一分ですが、最後まで視聴してもらえる可能性は低いため、15秒程度に収めることをおすすめします。
また、特に伝えたい情報は動画の前半に入れておくと良いでしょう。

まとめ

今回はInstagram広告について解説しました。

Instagram広告には様々な配信フォーマットが存在します。
広告の目的・商材に合ったものを選びましょう。

Instagram広告をはじめ、Web広告の媒体選びにお困りの場合は「初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方」も参考にしてみてくださいね。

初めてでも間違えない!

Web広告媒体の選び方

Web広告媒体の選び方

集客にWeb広告が有効なことは、既に広く知られています。

でも、いざ自社で初めてWeb広告を活用しようと考えた時に、Web広告の仕組みが難しかったり、広告の種類が多くて選べなかったり、手軽に始められず困ることがあります。そこで本資料では初めての方が広告媒体を理解して選ぶための情報をシンプルにまとめてみました。

▼本資料に掲載されている内容の一例は・・・
・広告費の仕組み
・広告媒体を使い分けるために知るべき3つの特徴とは?
・Web広告の王道!GoogleとYahoo!の広告
・人気が高まるSNS広告、LINE広告
・Web広告に関するよくある質問と回答

Web広告の活用法を間違えないように、媒体の選び方をチェックしてみてくださいね。