WEBマーケティング会社クリエルのコラム

リスティング広告の依頼先はどこが良い?上手に依頼するコツを紹介

リスティング広告の依頼先を探しているけれど、どこが良いのか分からない。

リスティング広告を上手に運用してくれる依頼先がどこなのか、プロの意見を聞きたい。

リスティング広告を依頼する際にどんなことを頼めば良いか分からないため、上手に依頼するコツ・ポイントを知っておきたい、という方向け。

今回はクリエル運用部の木村が、リスティング広告のオススメする依頼先や、依頼時に押さえておきたいコツ・ポイントについて紹介します。

この記事を読むことで、広告の依頼先にどんなところがあるのかについて知ることができ、ポイントを押さえ効率良く依頼することが出来るようになります。

リスティング広告の依頼先に悩む男性

コンテンツ一覧

リスティング広告の依頼先はどこが良い?上手に依頼するコツを紹介

リスティング広告の依頼のコツ

リスティング広告を依頼する際、良く候補として挙がるのは弊社のような「広告運用の代理店」や、「広告全般を扱う代理店や制作会社」、または「フリーランス」です。

運用はここに頼めば間違いない!というような一択ではないことから、広告を依頼したいがどこに依頼すれば最適なのか、が分からずに迷っておられる方は多いです。

上記のように選択肢が複数あることから、取りあえずで決めてしまうと運用費用だけ高くついて結果が伴わず、結局依頼先を探し直すということもあり、チョイスが難しいものです。

以下の項目では、広告運用のプロである我々の目線から「広告運用の代理店」「広告全般を扱う代理店や制作会社」「フリーランス」それぞれのメリット・デメリットについてご紹介し、アナタにマッチした依頼先がどこなのかをお伝えしていきます。

リスティング広告の依頼先1:広告運用の代理店

リスティング広告の依頼先1:広告運用の代理店

弊社(株式会社クリエル)のように広告運用の代理店として、専門の運用チームが所属している企業に依頼する場合の最大のメリットは、GoogleやYahoo!社から専門・最新のデータ共有があり、運用のノウハウが常にブラッシュアップされていることです。

リスティング広告に関わらず、WEB業界は「情報が命」で、その情報もその他の業界と比べると短命で更新が激しいため、最新の運用情報がブラッシュアップされていることは非常に重要なことです。

※Yahoo!社からのバックアップに関しては、どこの広告運用の代理店でも受けられるものではありませんので、注意が必要です。

GoogleもYahoo!もパートナーシップを結び運用代行をしていますが、特にYahoo!社はパートナーシップの「ランク」(シルバーランク以上と以下)で受けられるサポートが大きく異ります。

弊社、株式会社クリエルはシルバーランクの認定代理店のため、ブランズランクと比べると運用に関するアドバイスの質や、最新情報への更新・適用に強みがあると言えます。

また、広告運用の代理店によっては特化しているジャンルがある場合もあります。

例えばですがECサイトの広告運用に特化していたり、美容系の広告運用に特化していたり、という代理店もありますのでアナタの商材にマッチした強みを持つ代理店を探すのも重要です。

弊社クリエルの広告運用では、リスティング広告以外に制作も行っており、どのジャンルや商材にも対応可能なオールマイティさ、ワンストップで依頼が完結する環境によるスピード感が強みです。

また、不動産やクリニック、地域密着型のローカルビジネスのプロモーションご提案・運用に長けていますので、ぜひご相談ください。

リスティング広告の依頼先2:広告全般の代理店

リスティング広告の依頼先2:広告全般の代理店

リスティング広告の依頼先として、次に紹介するのが広告全般を扱っている代理店や制作会社です。

依頼する場合のメリットとしては、広告全般を扱っている代理店の場合、新聞広告や電車の中吊り広告など、紙媒体の広告も取り扱っているため複合的なプロモーションを相談しやすいこと。

制作会社の場合、「リスティング広告の運用が可能であれば」サイト制作とリスティング広告を一元管理できるため、手間も少なくなるでしょう。

アナタがもしWEB広告のみの配信を検討しているのであれば、広告運用を専業としている弊社のような代理店へご相談いただくのが良いですが、周辺エリアに紙のチラシを撒きたいなどご希望があるのであれば、こうした広告全般の扱いがある代理店などへ依頼すると良いでしょう。

デメリットがあるとすれば、どちらの場合も結局弊社のような専門の運用チームがいる広告運用の代理店へ依頼が入る可能性がありますので、手数料が複数かかってしまうこと。
間に数社入ることによる、やり取りスピードの減退が懸念点といえます。

ランニングコストを抑え、段取りした予算をなるべく多く広告費用として充てたい。スピード感を重視して依頼に対応してほしい!というご希望がある場合は、直接弊社のような広告運用の代理店へご相談いただく方がコストパフォーマンスややり取りのスムーズさにおいて、ご希望を実現できるでしょう。

リスティング広告の依頼先3:フリーランス

リスティング広告の依頼先3:フリーランス

リスティング広告の依頼先として最後に紹介するのが「フリーランス」への依頼です。

メリットは運用コストを抑えられることですが、上記弊社のような認定パートナーであることはほぼなく、独学であることも多いため、フリーランサーにより運用の品質(成果)が上下すると言えます。

働き方改革で今後フリーランスが増加する可能性があるようですが、人により運用の品質やノウハウに大きなバラつきがあるため、依頼する際は注意する必要があります。

コストに見合った成果に繋げたい場合や、その他専門的(それこそYahoo!社からの特別な競合比較レポートなど)なアドバイスがほしい場合はフリーランスへの依頼はしない方が懸命かもしれません。

とにかく費用を抑え、広告運用っぽいことをしてみたいという場合はフリーランスに依頼してみても良いでしょう。

しかし結局のところ、しばらく運用しているとなかなか結果が出ず、やはりフリーランスでは難しいから広告運用の代理店を探している。。。という方は多くいらっしゃいますので、機会ロス/予算ロスを避けるためにも、初期段階から代理店への依頼をオススメします。

代理店に依頼する際に押さえておきたいポイント

代理店に依頼する際に押さえておきたいポイント

上記の項目では、リスティング広告の依頼先として良くある3つのパターンを紹介しました。

続いて、実際に依頼する際に押さえておくことで、運用会社に上手に情報を伝えるコツをお伝えします。

以下のような内容は最低でも依頼時に聞かれるため、事前に用意しておくと依頼のやり取りが減りスムーズに配信まで漕ぎつけることができるようになります。

代理店に依頼するポイント1:配信の目的や期間を決めておく

代理店に依頼するポイント1:配信の目的や期間を決めておく

リスティング広告を依頼する際、まず決めておくべきなのは「配信の目的」「配信期間」です。

商品やサービス・イベントの認知拡大がしたい、サイトの売上をアップしたい、広告運用が上手く行っていないから代理店を変えてもっと良くしたい、など依頼する際の目的を伝えることができるようにしておくとやり取りが楽です。

また、代理店を変える場合は「なぜ今の代理店を変えるのか」という理由があれば知りたいもの。

例えばですが、月毎に提出する運用結果レポートの見栄えが悪いですとか、結果が出ていないという場合、現在のレポートや運用結果を事前に準備しておくと良いでしょう。

同時に配信期間についてもある程度は決めておいた方が良いでしょう。

いつから配信スタートしたいのか(広告を出すための準備や審査も必要なため、2週間ほどは余裕を見ておきましょう)、終了日をいつにするのか、など社内で話し合い決めておくと依頼の際のやり取りがスムーズになります。

代理店に依頼するポイント2:ゴールを決めておく

代理店に依頼するポイント2:ゴールを決めておく

リスティング広告を依頼する場合に必ず聞かれるのはこの項目です。

WEB広告は新聞やチラシなどの配布と違い、どんな年代の人に何回広告が配信されたか、広告経由の売上数や値はいくらだったのかなど成果をデータで確認することができます。

そのため、リスティング広告を配信する場合「商品の購入完了」や「資料請求完了」「電話問い合わせをしたら」など明確にゴールを決めておくと話を進めやすいです。

ゴールが決まっていなかったり、どのように決めたら良いのか分からない場合もあるかと思います。

そのような場合は、例えば弊社であればお電話やメールでご相談いただければ、運用のエキスパートがサイトや業界の情報をチェックし、どのようなゴールを設けるのが適切なのかあぶり出すことは可能ですので、お気軽にご相談ください。

リスティング広告に関するご相談はコチラからお気軽に!

リスティング広告について相談する

代理店に依頼するポイント3:シミュレーションを依頼する

代理店に依頼するポイント3:シミュレーションを依頼する

リスティング広告を依頼する際に押さえておきたいのが、シミュレーションの依頼です。

「シミュレーション」は広告を実際に配信した際にどのぐらい表示/クリックがあるのか、の想定数で、配信におけるざっくりした期待値(あくまでツールで計算した概算値です)が分かるため依頼した方が良いでしょう。

シミュレーションを依頼することで、認識の相違を回避することもできます。

アナタとしては、広告を配信することでサイトへの流入(クリック数)が10,000ほどあるのではないかと想像していたものの、実際に配信してみたら1/10の1,000クリックだった。というような認識の違いも避けられるでしょう。

リスティング広告は配信するジャンルによって競合性が高いものもあり、1回クリックされるのにかかる費用が500円~数千円するキーワードがある場合もあります(※1クリックあたりの金額は安いキーワードから、高いキーワードまで様々です)。

そのため、シミュレーションを依頼し認識のズレを解消して配信していくことがリスティング広告を依頼する際の重要なポイントの1つです。

さいごに

最後に

以上、今回はリスティング広告の依頼先がどこが良いのか、上手に依頼をするために押さえておいた方が良いポイントについて紹介しました。

特に初めて依頼する場合はなかなかどこが良いのか分からず難しいとは思いますが、弊社のような広告運用の専門チームがいるような代理店へご相談いただくと、やり取りの手間や無駄なコスト(代理店を2つ3つまたぐことによる手数料の加算)の削減、スピード感のあるやり取りにも繋がるかと感じます。

ぜひご検討いただければ幸いです!

リスティング広告に関するご相談はコチラからお気軽に!

リスティング広告について相談する

オススメ記事

ホームページ制作
Google しごと検索とは?検索機能を使った新しい求人募集
リスティング広告
リスティング広告の依頼先はどこが良い?上手に依頼するコツを紹介
リスティング広告
キーワード選定に使える無料キーワードツール5選
ホームページ制作
ホームページ制作でよく使うプロジェクト・タスク管理系ツール5選
マーケティング
無料で集客!googleマイビジネスでローカル検索対策

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.092-292-7427 営業時間:9:00~18:00(土・日・祝休)
yahoo正規代理店
マイクロアド