【まとめ】「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されましたの対処法

『「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されました。』

こんなメール通知がGoogle Search Consoleから届いた時は、自社のWebサイトがGoogleの検索結果に表示されるために必要なインデックスに何らかの問題が起きているということ。

Web担当者として放置するわけにはいきませんよね。

 

しかし、インデックスカバレッジのどんな問題が検出されたかによってその対処法は様々

SEOの知識が求められるケースや、Web制作技術が求められるケースもあり、対処法に困ることもあるかと思います。

 

本記事ではインデックスカバレッジの問題と対処法を網羅的にご紹介していきますので、対処法にお困りの際に参考にしてみてください。

コンテンツ一覧

インデックスカバレッジレポートとは?

GoogleがWebマスター向けに提供するGoogle Search Consoleで確認できるインデックスカバレッジレポート。

このレポートでは、自社で管理するWebサイトのインデックス登録されているページ登録時に発生した問題を確認できます。

『「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されました』の対処法

Google Search Consoleから『「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されました』と通知メールを受けた場合、状況を把握した上で適切な対処を行います。

このインデックスカバレッジにある4種類のステータス。判定されたステータスとその理由をセットで調べることで状況が分かり、対処法が見えてきます。

4種類のインデックスカバレッジレポート対象ステータスタイプ

インデックスカバレッジレポートでは、4種類のステータスとともに状況の詳細を確認できます。

特に問題がないものから対応必須のエラーまで多岐にわたるため、まずは4種類のステータスを理解しておきましょう。

有効:インデックスに登録されている

ページが正しくインデックス登録されている状態です。

警告:インデックスに登録されているが要注意

ページがインデックス登録されている状態ですが、確認が必要な何らかの注意点がある状態です。

エラー:インデックスに未登録で要対処

ページがインデックスされていないため、最優先で対処が必要な項目です。

除外:インデックスに登録されていないが問題無し

インデックス登録されていないものの、Webサイト運営者の意図通りであれば問題がない状態です。

例えばインデックス登録したくないページにnoindex(=Googleに対してインデックスを拒否するためのタグ)タグを記述している場合は意図通りと言えますね。

各ステータスタイプとなる理由一覧

ここからはなぜそのステータスタイプになっているのか、その理由を各ステータスタイプ別に見ていきましょう。

有効ステータス

正しくインデックス登録されている有効ステータスですが、状況によっては対処することでより適切なWebサイトの状態へ改善できる場合があります。

送信して登録されました

正しくインデックス登録され、問題がない状況です。

インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません

正しくインデックス登録されているものの、サイトマップ(XMLサイトマップ)に該当ページのURLが記載されていない状況です。インデックス対象ページをGoogleのクローラーに巡回させ、更新時にいち早く認識してもらうために、サイトマップへのURL追記をしておきましょう。

警告ステータス

基本的にはインデックス登録されている状況ですが、Googleのヘルプページに「ステータスが警告となっているページには対応が必要な場合があります。結果によってはインデックスに登録されなかった可能性があります。」とあるように、対処が必要な場合があります。

robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました

インデックス登録したくない場合にrobots.txt でクローラーをブロックする方法は適切ではありません。

インデックス登録したい場合はブロックを解除する必要があります。

インデックス登録済み(コンテンツなし)

インデックス登録されたものの、クローラーがコンテンツを読み取れていない状況です。

低品質なコンテンツはSEO評価を下げる要因となるため、正しく読み取れるように対処が必要です。

もしコンテンツが無いページであればインデックス登録しないように対処しましょう。

エラーステータス

エラーはインデックス登録に関して対処するべき問題が発生している状況。

インデックス登録されるためにはエラー解消が必須です。

サーバーエラー(5xx)

サーバーエラーはインデックス登録だけでなく、ユーザーの閲覧もできない状況です。

リダイレクト エラー

適切なリダイレクトができていない状況です。

送信された URL が robots.txt によってブロックされました

インデックス登録したいページのブロックを解除する必要があります。

送信された URL に noindex タグが追加されています

  • 送信されたURL=インデックスしてほしいページ
  • noindexタグが追加されています=インデックスしてほしくないページ

インデックスしたいかどうかに応じて、この不整合を解消する必要があります。詳しい方法は以下の記事をご参照ください。

送信された URL はソフト 404 エラーのようです

インデックス登録が不要な、ページにコンテンツが存在しないソフト404ページに関するエラー。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

送信された URL が未認可のリクエスト(401)を返しました

Googleのクローラーが認証を求められてアクセスできない際に起きるエラーです。

送信された URL が見つかりませんでした(404)

インデックス登録しようとしたページが存在しないページ(404エラーページ)の状態です。

URLが変更になり、別URLにページが存在する場合は適切なリダイレクト処理を行いましょう。

送信された URL が 403 を戻しました

IP制限などにより、権限がないGoogleクローラーがアクセスを拒否されている状況です。

他の 4xx の問題が原因で、送信された URL がブロックされました

ここまでにご紹介したエラー以外のサーバーエラーが発生している状況です。

対象URLをURL 検査ツールで調査し、詳細状況を把握することから始めましょう。

除外ステータス

除外されたページは必ずしもエラーではなく、インデックス登録不要のページであれば正しい状態です。

インデックス登録したいのに除外されている場合、除外ステータスのままでは検索結果に表示されないため対処が必要です。

  • noindex タグによって除外されました
  • ページ削除ツールによりブロックされました
  • robots.txt によりブロックされました
  • 未承認のリクエスト(401)が原因でブロックされました
  • クロール済み - インデックス未登録
  • 検出 - インデックス未登録
  • 代替ページ(適切な canonical タグあり)
  • 重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません
  • 重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました
  • 見つかりませんでした(404)
  • ページにリダイレクトがあります
  • ソフト 404
  • 重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません
  • アクセスが許可されていないため、ブロックされました(403)
  • その他の 4xx の問題が原因でブロックされました

必要な対処を行い、「修正を検証」でGoogleに確認を依頼する

エラーに対象した後は、「修正を検証」からGoogleへ再度チェックを依頼します。検証には時間がかかるため、結果の通知メールが届くまで気長に待ちましょう。

まだ修正が出来ていない場合は未修正に関する連絡が届きます。

カバレッジ未修正

 

修正が出来ていた場合は以下のような通知が届きます。お疲れさまでした!

「カバレッジ」の問題が修正されました

インデックスカバレッジレポートのまとめ

以上、インデックスカバレッジレポートのステータスについてご紹介しました。

Webサイト管理者にとって定期的なチェックが欠かせないGoogle Search Consoleの中でも、インデックスカバレッジレポートは特に重要な情報が得られる機能です。

エラーが出た場合は早急に対応し、SEO強化と同時にユーザビリティ向上に繋がるサイト改善に取り組みましょう。

オススメ記事

Web広告
リスティング広告のメリットはデメリットと表裏一体!?SEOとの比較も解説
Web広告
インフルエンサーマーケティングを徹底解説。実際に依頼する際のポイントとは
アクセス解析
【Web担当者向け】離脱率の改善方法を解説!改善すべきページとしなくても問題ないページの違いとは
アクセス解析
【Googleアナリティクス】新規ユーザーとは?調べ方とデータ活用法
アクセス解析
サイトの直帰率って何?離脱率との違い、改善方法まで詳しく解説

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.092-292-7427 営業時間:9:00~18:00(土・日・祝休)
yahoo正規代理店
マイクロアド