「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」の原因と対処法

「重複しています。」

SEOに関わる業務を担当していると、嫌な予感がしてしまう重複というGoogleからの指摘。

 

Google Search Consoleのカバレッジレポートで「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」とはどういう状況なのでしょうか?

このカバレッジレポートが指している意味と原因、対処法をご紹介します。

コンテンツ一覧

「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」の意味

重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません

はじめにこのレポートが何を意味しているのかを確認してみましょう。

正規URLとは?

Webサイト内のページが複数のURLを持つケースがあります。例えば、次のようなケース。

パラメータを付与したURL

  1. https://example.com/
  2. https://example.com/?123

httpsを正規化していない

  1. https://example.com/
  2. http://example.com/

PCとスマホ用にURLを分けている

  1. https://example.com/
  2. https://example.com/sp/

URLを/aaa/から/bbb/へ変更し、リダイレクトを実施

  1. https://example.com/aaa/
  2. https://example.com/bbb/

 

このような複数のURLが存在する場合、Googleはいずれか一つのURLのみを正規のURLとして評価します

Googleがコンテンツを評価する際は正規URLを参照し、同様のコンテンツを持つその他のURLは正規URLと比べると参照されにくくなります。例えばクローラーの頻度が下がったり、検索結果に表示されにくくなったり、正規URL以外はGoogleにとって重要度が低いURLという位置づけに。

つまりサイト運営者としては、複数URLの内もっとも評価して欲しいURLをGoogleへ正規URLとして選択させる必要があるということです。

重複して正規URLとして選択されない原因

Googleは同様のコンテンツが存在する複数のURLから、ユーザーにとって最も有益なページを正規URLとして選択します。

しかし、コンテンツが似ているまたは全く同じである以上、必ずしもサイト運営者が意図するページをGoogleが正規URLとして選択するとは限りません。

そして正規URLとして選択されなかったURLが「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」となるわけですね。

「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」の対処法

意図していないページを正規URLに選択されたことが原因ですから、Googleが正しく選択できるように正規URLを指定すれば解決できそうです。

では具体的にどう対処すれば良いのでしょうか?

Googleが選択した正規ページを確認する

最初にGoogleが選択した正規ページを確認しましょう。Google Search ConsoleのURL検査から対象URLを調べます。

次の画像は「http://www.creal.co.jp/wp/」を検査した際のものです。

Google が選択した正規 URL 

「Google が選択した正規 URL」に異なるURLが記載されている場合、正規ページとして登録されていないということ。

今回は該当しませんでしたので、「http://www.creal.co.jp/wp/」は正規URLとして正しく登録されていますね。

重複した URL を統合する

もし正しく正規URLとしてGoogleが選択していない場合は、次のような方法でURLを統合していきましょう。

方法1.rel="canonical"リンクタグによる統合

rel="canonical"リンクタグを記述することで、Googleのクローラーに対して正規URLを伝えることができます。

記載例:<link rel="canonical" href="http://www.creal.co.jp/wp" />

方法2.サイトマップによる統合

正規URLをサイトマップ(XML)に記載し、その他の重複するURLを記載しないことで、Googleに重要なページがどれなのかを伝えることができます。

但し、この方法では正規URLとGoogleが判断するとは言い切れないため確実ではありません。先ほどのcanonicalタグの方が確実ですが、サイトマップなら対象URLをまとめて記載できる点で、1ページずつ記載が必要なcanonicalタグより手軽さがあります。

今回のケースではURLがGoogleに伝わっているのに正規URLになっていないため、重複URLを記載している可能性を疑ってみましょう。

方法3.301リダイレクトによる統合

正規URLになっているページが古く、他の新しいページを正規URLとしたい場合は301リダイレクトが確実です。この方法ならGoogleのクローラーだけでなく、ユーザーが間違って古いページを閲覧した場合も新しいページへ遷移するため、ユーザビリティの観点からも実施しておくべき施策と言えます。

参考:「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」も同様

カバレッジレポートで見かける「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」も、正規URLが選択されていない点では同じ状況です。

こちらの場合は「ユーザーにより」とあるため、正規ページをGoogleに伝えていないということですね。上記の方法によって正規ページを伝えることで自然と解消する可能性が高いと考えられます。

URL検査を実施する

URLを統合し、正規URLを指定したら再度URL検査を実施しましょう。

すぐに反映されなくてもGoogleへ変更を知らせることによって、正規URLの修正を早めることができます。

まとめ

以上、「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」の原因と対処法についてご紹介しました。

さまざまな理由から、同じコンテンツが複数のURLを持つことはよくあるため、Googleとユーザーの両方にもっとも重要なページを伝えるためにも正しい正規URLが伝わるようにしておきましょう。

もし「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」と表示されているURLが正規ページでなければ、このカバレッジレポートはそのままにしておいて問題ありません。

 

その他のカバレッジレポート関連記事