コンバージョンとは?言葉の定義や実際の例、向上する方法を解説

Webマーケティングを行う上で必ず押さえておくべき「コンバージョン」という指標。

なんとなくどういう意味かはわかるけど、はっきりとした定義や対策方法は知らないので覚えておきたいという方は多いのではないでしょうか。

今回は、Webマーケティングにおいて非常に重要なコンバージョンについて解説します。

>>初めてでも間違えない!Web広告媒体の選び方が分かる資料はこちら

コンテンツ一覧

コンバージョンとは

Webマーケティングにおけるコンバージョンとは「成果」のことを意味します。
WebサイトやWeb広告といった施策の効果を図るために使われる重要な指標です。

サイトによって成果となる地点は異なりますので、そのサイトのゴールとして最適なユーザーの行動をコンバージョンとして設定する必要があります。

コンバージョンの例

コンバージョンの例としては以下のようなものが挙げられます。

  • 商品の購入・申し込み
  • お問い合わせ・資料請求
  • 会員登録・メルマガ登録

商品の購入・申し込み

ECサイトやサービスサイトの場合は、最終的なゴールが売上の向上となるため、商品購入やサービスへの申し込みがコンバージョンとなります。

お問い合わせ・資料請求

コーポレートサイトや、Webサイトでの購入が難しい商品の場合は、お問い合わせや資料請求をコンバージョンポイントとして設定することとなります。

Webで商談機会を獲得し、売上につなげていくパターンです。

会員登録

会員登録やメルマガへの登録時点でコンバージョンとすることもあります。

このように直接的な利益が発生しない場合でも、見込み顧客の獲得・情報の収集など間接的に利益につながるポイントがコンバージョンとなりえるのです。

コンバージョンの種類

コンバージョンのなかにも様々な種類があります。
一つずつ紹介していきましょう。

  • 直接コンバージョン
  • 間接コンバージョン
  • クリックスルーコンバージョン
  • ビュースルーコンバージョン

直接コンバージョン

直接コンバージョンとは、広告などを経由してWebサイトに訪れたユーザーが途中で離脱せずにコンバージョンすることです。

間接コンバージョン

直接コンバージョンに対して、間接コンバージョンとは広告などを経由してWebサイトに訪れたユーザーが一旦離脱し、後ほど別ルートから再流入してコンバージョンに至るケースを指します。

クリックスルーコンバージョン

クリックスルーコンバージョンとは、広告のクリックを経由して発生したコンバージョンのことです。

ユニークユーザー数を計測するため、クリックしたユーザーが複数回商品を購入したり、後日再度商品を購入した場合もクリックスルーコンバージョンとしてのカウントは1となります。

ビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンとは、一度広告を見たがクリックはしなかったユーザーがその後別ルートでサイトに訪れて生まれたコンバージョンのこと。

ディスプレイ広告や動画広告といったイメージ広告の効果を知る際の参考となる指標です。

クリックスルーコンバージョンは一度クリックされた広告の効果を計測する、ビュースルーコンバージョンはクリックされなかった広告の効果を計測するという違いがあります。

マイクロコンバージョンとは

他にも、マイクロコンバージョンという概念が存在します。

マイクロコンバージョンとは、コンバージョンに至るまでの中間ゴール的なユーザー行動のこと。
例えばECサイトの場合は、購入完了がコンバージョンとなり、そこにたどり着くまでの「商品ページ閲覧」「商品をカートに入れる」「フォーム入力」といった行為がマイクロコンバージョンとして設定できます。

高額な商品などの場合、獲得できる最終的なコンバージョン自体の数が少なく、効果検証が難しいことがあります。
そんなときに役立つのがマイクロコンバージョン。
先程挙げた例のように「商品ページ閲覧」した段階をマイクロコンバージョンとして設定しておけば、データの分母を増やし効果検証が行いやすくなります。

コンバージョン率を上げるには?

最後にコンバージョンを上げる方法について解説します。

  • キーワードの見直し
  • CTAの改善
  • ユーザビリティの向上

キーワードの見直し

そもそも流入数が少ないためコンバージョンが低くなっているというケースもありえます。

Webサイトへの流入は主に「自然検索」と「広告」に分かれますが、どちらのルートにもキーワード設定は大きく関わってきます。

コンテンツ作成・広告配信の際は、ターゲットユーザーがどんな悩みを持っていて、どんな単語で検索を行うかを考え、自社に合ったキーワードを選ぶようにしましょう。

▼関連記事 キーワード選定について

CTAの改善

CTAとは「Call To Action」の略でコンバージョンへの最終的な導線となるボタンやリンクのことです。
この記事にもまとめの後に資料請求とお問い合わせのCTAが設置されています。

CTAをわかりやすく表示する、できるだけサイト内のどこからでもコンバージョンできるよう複数箇所に設置するといった工夫を行いましょう。

ユーザビリティの向上

せっかくサイトを訪問してくれたユーザーも、サイト自体の使い勝手が悪いとすぐに離脱してしまいます。

以下の2点を確認してみましょう。

入力フォーム最適化(EFO)

入力フォームはコンバージョンが獲得できるかどうかに大きく関わる要素。

ただでさえフォーム入力は面倒なため、せっかくここまでたどり着いたユーザーを逃がすということも多々あります。

入力項目を極力減らす、不備はリアルタイムで指摘することで手間を減らすなど、ユーザーの負担を軽減する配慮が必要です。

▼関連記事 EFOについて

スマホ対応

モバイル端末におけるWebサイトの閲覧は、スマホ対応の有無で快適さが大きく左右されます。
文字サイズが小さくズームしないと読めなかったり、ボタンが押しづらかったりして使いづらいサイトを見たことはあるのではないでしょうか。
こうしたサイトはどうしてもユーザーが離れがちです。

もし、まだスマホ対応ができていないという場合は以下の記事を参考に改修を検討してみてください。

▼関連記事 スマホ対応について

まとめ

今回はWebマーケティングを行う上で必ず押さえておくべき「コンバージョン」について解説しました。

コンバージョンは「成果」を表し、WebサイトやWeb広告といった施策の効果を図るために使われる重要な指標です。
適切な設定を行い、コンバージョンアップを狙っていきましょう。

また現在、効果的なWeb広告選びについてまとめた資料を無料配布中です。
Web集客にお悩みの方はぜひご覧ください。