アナリティクスにサイトを追加する方法をGA4とユニバーサルアナリティクス別で解説

更新日:2022年05月19日

社内で管理しているGoogleアナリティクスのアカウントがある場合、新規サイトのアクセス解析をはじめるなら新規でサイトを追加する設定が必要です。

本記事ではGA4とユニバーサルアナリティクスの両バージョンで、アナリティクスへ新規サイトを追加する方法をご紹介します。

>>これだけはやっておきたい!GA4初期設定マニュアルをダウンロードする

コンテンツ一覧

アナリティクスにサイトを追加する前提知識

Googleアナリティクスへのサイト追加をおこなう前の前提として、はじめに下記2点をお伝えします。これらを理解した上で、GA4とユニバーサルアナリティクスのどちらにサイトを追加するか判断して設定していきましょう。

GA4とユニバーサルアナリティクスの違い

GA4とは、2020年にリリースされたGoogleアナリティクスの最新バージョンです。一方でユニバーサルアナリティクスはGA4の旧バージョンにあたり、それぞれのバージョンは仕様が大きく異なります。

新規サイトを追加した後にどちらの(または両方の)バージョンを使うのかを明確にしておきましょう。

ユニバーサルアナリティクスの終了日

ユニバーサルアナリティクスは無料版の終了日が2023年7月1日と、Googleから正式にアナウンスされました。それまでの間はユニバーサルアナリティクスでもデータ計測ができますが、どちらにしてもGoogleアナリティクスを継続して使用するならGA4の利用は必須となります。

アナリティクスにサイトを追加する方法

ここからはアナリティクスにサイトを追加する方法をGA4とユニバーサルアナリティクスのそれぞれでご紹介していきます。

GA4でサイトを追加する方法

GA4のアカウント構造は2層構造となります。

  1. アカウント
  2. プロパティ

 

既に社内で管理するGoogleアカウントがある場合、新規サイト追加は通常、既存のアカウント内に新しいプロパティを作成します。但し、自社用とクライアント用といったアカウントの使い分けをする場合など、新規でアカウントを作成した方が管理上良い場合もあるため、自社の管理状況に合わせて作成してください。

画面左メニュー最下部の「管理」をクリックし、「+プロパティを作成」をクリックします。追加したいアカウントを選択した状態であることを確認してから作成に進みましょう。

GA4でプロパティを追加する

 

「プロパティ名」にはサイト名や会社名など任意の名前を入力します。

「レポートのタイムゾーン」と「通貨」を日本など自社に合うものを選択して「次へ」をクリックします。

GA4のプロパティ名を入力

 

自社のビジネスに該当するものを選択し、「作成」をクリックします。

GA4のプロパティ作成

 

GA4のプラットフォームを「ウェブ」「Androidアプリ」「iOSアプリ」から選択。Webサイトの場合は「ウェブ」をクリックします。

GA4のプラットフォーム選択

 

データ計測したいサイトのURLとサイト名を入力し、「ストリームを作成」をクリックします。

GA4のURLとストリーム名を入力

 

これでGA4に新しくサイトが追加されました。あとは計測タグをサイトへ設置すればデータ計測がはじまります。

なお、GA4はデータ計測後におこなっておくべき初期設定項目があるため、サイト追加と併せて初期設定もおこなうことをおすすめします。設定内容はこちらの「GA4初期設定マニュアル」を参考にしてみてください。

GA4でサイトを削除する方法

作成済みのプロパティを削除する方法もご紹介します。

管理画面の「プロパティ設定」から「ゴミ箱に移動」をクリックします。この時に間違って他のプロパティを削除しないように、必ず正しいプロパティを選択できていることを確認しておきましょう。

次の画面で「ゴミ箱に移動」をクリックするとプロパティがゴミ箱へ移動されます。

GA4プロパティの削除

 

ゴミ箱へ移動したプロパティの扱いは一時保管となり、35日後に完全削除となります。

万が一間違ってゴミ箱へ移動してしまった場合は、35日経過前なら管理画面のアカウントから「ゴミ箱」をクリックし、対象プロパティにチェックを入れて「元に戻す」から復元が可能です。

ゴミ箱は、アカウントとプロパティが削除される前の一時的な保管場所です。ゴミ箱に移動したアカウントとプロパティは、35 日間保管されてから、完全に削除されます。

(出典:[GA4] ゴミ箱 - アナリティクス ヘルプ

ユニバーサルアナリティクスでサイトを追加する方法

ユニバーサルアナリティクスはGA4とアカウント構造が異なり、3層構造となります。

  1. アカウント
  2. プロパティ
  3. ビュー

 

サイトを追加する際はGA4と同様にプロパティを作成していきますが、プロパティと同時にビューも作成されます。

注意点として、前述の通りユニバーサルアナリティクスの利用期限が2023年6月までのため、GA4も同時に追加してデータ計測することをおすすめします。GA4を同時に作成する際は下記画面の設定を間違えないようにご注意ください。

UAとGA4を同時に作成

GA4はサイト追加後の初期設定も必須

本記事ではGA4とユニバーサルアナリティクスのサイト追加手順をご紹介しました。

ユニバーサルアナリティクスはサイトを追加して計測タグを設置するだけで簡単にデータ計測できましたが、GA4では計測タグ設置に加えて初期設定もおこなう必要があるため、初めて利用する方にとっては依然より難易度が上がっています。

どのサイトにも共通する最低限おこなっておきたい設定内容は「GA4初期設定マニュアル」で詳しい手順を解説していますのでぜひご活用ください。

Web担当者のための

GA4初期設定マニュアル

Web担当者のための「GA4初期設定マニュアル」

Googleのアクセス解析ツールとして15年振りに登場した次世代バージョンのGA4。

Webサイトのアクセス解析にGA4を活用する企業様が増える一方で、新しいツールのため設定方法がわからないというお声をいただく機会が増えています。そこで初めてGA4を利用する際のアカウント開設から導入時の初期設定までの手順を解説した資料をご用意しました。

▼本資料に掲載されている内容の一例は・・・
・GA4は何が変わったのか?
・アカウント開設の手順開設
・GA4と併せて活用したいGTMの使い方
・これだけはやっておきたい!初期設定の内容と手順とは?
・コンバージョン設定の事例

これからGA4の利用を始められる際にぜひご活用ください。