Googleアナリティクスの閲覧開始数とは?

Googleアナリティクスの用語解説シリーズ、今回は「閲覧開始数」を解説します。

アクセス解析において閲覧開始数はサイトの入口を分析する上で大事な指標のため、閲覧開始数についての理解を深め、Googleアナリティクスを正しく活用しましょう。

>>10分でわかる!初心者向けアナリティクス速習ブックはこちら(無料)

コンテンツ一覧

Googleアナリティクスの閲覧開始数とは?

閲覧開始数とは、ユーザーがサイトに訪問した最初のページ=閲覧開始をカウントした数値です。

閲覧開始数が多いページ=サイトの入口

つまり、閲覧回開始数が多いページは集客効果が高いページと言い換えることもできますね。

サイトへ訪問したユーザーが最初に閲覧する機会が多いページですから、他のページへ回遊したり、お問い合わせや購入に繫がったり、あるいはそのまま離脱=直帰してしまったりと、その後のユーザー行動に大きな影響を与えるページです。

 

また、閲覧開始数が多いページの流入元を調べると、どこからユーザーを集客できているかが分かります。

流入元のユーザーにマッチしたコンテンツを用意できているかを確認し、ページ改善を図ることでサイトのゴール達成に大きく貢献することでしょう。

閲覧開始数とセッション数の違い

よくある質問に、「閲覧開始数とセッション数の違いは何か?」といったものが挙げられます。閲覧開始数はサイトに訪問した際の最初のページだけをカウントするのに対して、セッション数は最初のページかどうかを問いません

閲覧開始数とセッション数の違いを以下のケースで見てみましょう。

  • ユーザー1:ページAへ訪問→ページB→離脱
  • ユーザー2:ページBへ訪問→ページA→離脱
  • ユーザー3:ページBへ訪問→離脱

この場合、ページAの閲覧開始数は1、ページBの閲覧開始数は2となります。一方で、ユーザー1、2、3がそれぞれサイトへ訪問したことから、セッション数は3となります。

閲覧開始数とランディングページの違い

閲覧開始数と似たような意味合いの用語に「ランディングページ」があります。

ランディングページとは、サイトへ訪問した際に最初に閲覧したページのこと。用語の意味を言葉にしてみても、閲覧開始数とほとんど同じですね。では、閲覧開始数とランディングページは何が違うのでしょうか?

 

これは指標とディメンションの違いになります。

  • 指標・・・データを定量化した(数値で表した)もの。
  • ディメンション・・・データの属性。

5、10といった数値データとして閲覧開始数という指標があり、「https://www.creal.co.jp/AAA/」や「https://www.creal.co.jp/BBB/」といったURLデータの属性としてランディングページというディメンションがあるということです。

閲覧開始数以外の基本的なGA用語

GAでよく使う基本的な用語の意味や主要画面の見方は以下の記事でまとめています。

閲覧開始数=集客貢献度

閲覧開始数はデータ分析やサイト改善の重要なデータの一つです。

閲覧開始数をページ別に比較すると、数値が大きいほど集客に貢献していると言えますので、サイトへの影響度合いも高くなります。仮にWebサイト全体の直帰率が高くて改善したい場合は、閲覧開始数が大きいページの修正が直帰率改善の近道

全てのページを個別に修正するのが難しい場合は、このように改善インパクトが大きいページを分析し、優先順位を付けて施策に取り組みましょう。

 

閲覧開始数のような用語だけでなく、基本的なアナリティクスの使い方に自信がない方やこれからアナリティクスのアカウント準備を行う場合は、「初心者向けアナリティクス速習ブック」もご活用いただけると幸いです。