アフィリエイト広告とは?Web担当者向けに仕組みやメリット・デメリットを詳しく解説

数あるWeb広告のうちの一つ、アフィリエイト広告。
Webでの宣伝方法について調べていると、必ずと言っていいほど目にしますよね。

アフィリエイト」という単語自体は知っているけど、具体的にどのようなものかは知らないという方は多いのではないでしょうか。

一般的なWeb広告といえば検索連動型広告やディスプレイ広告などが有名ですが、商材によってはアフィリエイト広告が向いている場合もあります。

今回は、そんなアフィリエイト広告について一緒に学んでいきましょう。

コンテンツ一覧

アフィリエイト広告とは

冒頭でも申し上げた通り、アフィリエイト広告はWeb広告手法の一つです。

アフィリエイターと呼ばれる媒体主が所有するサイトやブログ、SNSにバナーやリンクを掲載してもらうという形式であり、そのリンクを通じて自社サイトまでユーザーを誘導するという流れになっています。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告広告を始める場合、まずはASPと呼ばれるプロバイダーに広告を登録する必要があります。
そして、その中からアフィリエイターに選ばれた広告がサイトに掲載してもらえるという仕組み
なのです。
アフィリエイターへの報酬額なども自分で設定することができます。

また、一般的なアフィリエイト広告では、広告が掲載されるだけでは費用は発生しません
広告のクリックや、広告経由での商品の購入など、予め定められた条件が達成されたときに費用が発生するという形式が主です。

ASPとは

ASPとは、Affiliate Service Providerの略で、広告主とアフィリエイターを結ぶ仲介者です。
複数の広告を取りまとめてアフィリエイトに紹介するという役割を担っています。

ASPによって提携している媒体が異なりますので、必ず登録前に自社の広告とマッチする掲載先があるかどうかをチェックしましょう。

ちなみに、広告費もASPを通して広告主からアフィリエイトに支払われます。

アフィリエイト広告にも複数タイプある

一言でアフィリエイト広告と言っても様々なタイプがあります。
ここでは、それぞれの費用形態の違いを紹介します。

成果報酬型

アフィリエイト広告の中で最も主流と言えるのが、この成果報酬型です。
広告を経由してCV(商品の購入やお問い合わせといった、広告の最終目標)に至った場合に費用が発生します。
CVが獲得できなかった場合は広告費は請求されませんが、その代わり単価は比較的高くなります。

クリック型

広告をクリックされた回数に応じて費用が発生するタイプです。
こちらも成果報酬型と同じで、掲載されただけでは費用は発生しません。

費用が発生する頻度は成果報酬型と比べて多くはなるものの、単価は安めです。

インプレッション型

広告の表示回数に応じて費用が発生するタイプです。
基本的には、1000回ごとに◯◯円という形で料金が定められています。
広告を見られただけで費用が発生するというハードルの低さがあるため、クリック型よりもさらに単価が安いのが特徴。

商品やサービスの認知を拡大したいときなどにおすすめです。

固定報酬型

広告を掲載する期間に応じて費用が発生するタイプです。
CVや表示回数に関わらず、固定の広告費を支払うことになります。

影響力の大きいメディアがこの広告枠を販売しているケースが多いです。

アフィリエイト広告の表示形式

アフィリエイト広告の表示形式には、大きく分けて4つあります。

  • テキストリンク広告
  • ボタン広告
  • バナー広告
  • ネイティブ広告

上の3つはともかく、ネイティブ広告と言われても馴染みのない方が多いのではないでしょうか。
ネイティブ広告とは、それ自体が記事の内容の一部になっている広告のことを指します。
本文の流れで商品の紹介をしているブログなどを見たことがないでしょうか?

このように広告感がなく、ユーザー側からしても押し売りといった印象を受けにくいネイティブ広告は、自然に認知してもらうことができるという強みがあります。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

ここからは、アフィリエイト広告のメリットとデメリットを紹介します。
配信する際の参考にしてみてください。

メリット

初期費用が他の広告より安い

アフィリエイト広告を始める際にかかるのはASPの契約金のみとなります。
中には初期費用無料のASPもあり、他の広告と比べると広告費は安く抑えられるでしょう。

費用対効果が高め

上で紹介したように、多くのアフィリエイト広告では、ユーザーから何らかのアクションを受けない限り費用が発生しません
お金だけ支払って全く成果につながらないということはほぼないので、他の月額制の広告などと比べて費用対効果は高めと言えるでしょう。

外部の人にプロモーションしてもらえる

広告主はASPに広告を登録するだけで、プロモーション自体はアフィリエイターが行ってくれるため、自社の人的コストや時間的コストをかける必要がありません

また、第三者の視点から宣伝してもらえるというのも利点の一つです。
最近は他人のレビューや口コミなどを参考に商品を購入するという人が多いため、客観的な目線で商品やサービスを紹介してもらえるのは大きなメリットでしょう。

デメリット

掲載が確約されているわけではない

ASPに登録されている広告からアフィリエイターが好きなものを選ぶという仕組みのため、登録さえすれば必ず広告を掲載してもらえるというわけではありません。
報酬が少ない、商材自体が魅力的でなく、訴求ポイントが少ないなど、アフィリエイターにとって魅力的でない広告は選ばれにくいでしょう。

アフィリエイターによっては効果が薄い場合も

どのアフィリエイターに広告を掲載してもらうかは、自分で選ぶことができません。
そのため、アフィリエイターによっては思うように効果が出ない場合もあります。

また、過剰に商品をアピールしたり、薬機法違反の訴求を行ったりする悪質なアフィリエイターにあたってしまい、逆にブランドイメージが傷つけられてしまうこともありますので留意しておきましょう。
最悪の場合、アフィリエイターの法律違反のせいで罰則が広告主側に及ぶというケースもあります。

アフィリエイト広告がおすすめの商材

最後に、どんな商材がアフィリエイト広告に向いているのかを紹介しておきましょう。
アフィリエイト広告と相性が良いのは、以下のような商材です。

・化粧品やエステなどの美容系
・健康食品系
・カードローン、クレジットカードなどの金融系


美容系や健康食品系はサイト内で取り上げやすく、ユーザーの興味も引きやすいため、取り扱っているアフィリエイターは多いです。
複数種類の商品を比較して紹介するという内容のサイトを見たことはないでしょうか。

また、金融系や人材件など、成功報酬が高いものもアフィリエイターに好まれやすいためアフィリエイト広告と相性が良いと言えます。

まとめ

今回はアフィリエイト広告について解説しました。

アフィリエイト広告はそれなりにリスクもありますが、費用対効果も高く自社でプロモーションを行う手間も省ける有用な広告です。
もし宣伝したい商品がアフィリエイト広告と相性が良いものであれば、始めてみても良いかもしれません。

Web広告を配信することを検討されている方は、是非この記事を検討材料の一つにしていただければ幸いです。