Googleアナリティクスのページ別訪問数とは?PVやUUとの違いと見方

専門用語の意味を正しく理解する必要があるGoogleアナリティクスのデータ分析。

基本的な用語に慣れるまではアナリティクスのデータを正確に読み取れず、困ることもあると思います。

 

本記事ではそんなアナリティクスの用語の中から「ページ別訪問数」の意味やデータの見方をご紹介していきます。

用語の違いが分かりにくいページビュー(PV)やセッション、ユニークユーザー(UU)と正しく使い分け、正確なデータ分析をおこなえるようになりましょう。

コンテンツ一覧

Googleアナリティクスのページ別訪問数とは?

Googleアナリティクスのページ別訪問数とは、該当ページが1回以上表示されたセッション数です。

1回のセッション内で複数回同じページをユーザーが訪問しても、ページ別訪問数のカウントは「1」。

ページビュー(PV)数・セッション数・ユニークユーザー(UU)数との違いを理解すると、ページ別訪問数の定義がより明確にご理解いただけます。

ページビュー(PV)数との違い

ページビューとは、ユーザーがページを閲覧した合計回数です。同じユーザーが複数回ページを閲覧した場合も、その回数分だけカウントされます。

 

ページ別訪問数とページビュー数の違いを以下のケースで見てみましょう。

  • ユーザー1:ページAへ訪問→ページB→離脱
  • ユーザー2:ページAへ訪問→ページB→ページA→離脱
  • ユーザー3:ページAへ訪問→ページAをリロード(再読み込み)→離脱

このケースではページAについて、

  • ページビュー=5
  • ページ別訪問数=3

となります。

セッション数との違い

セッションとは、ユーザーがWebサイトへ訪問した回数の合計。

ページ訪問数は該当ページに限定した訪問回数に対して、セッション数はWebサイト全体の訪問回数となります。

 

注意点として、サイトへの訪問から離脱までを1セッションとカウントしますが、以下の条件に該当した場合はサイトから離脱していない状態でも1つのセッションが終わり、次のセッション(2セッション目)としてカウントされる仕様になっています。

  1. 操作をおこなわない状態で一定時間が経過した(デフォルト設定は30分)
  2. 日付が変わった
  3. 異なる流入元から再訪問した(キャンペーンソースが変わった)

ユニークユーザー(UU)数との違い

ユニークユーザーは、指定期間内にWebサイトへ訪問したユーザーの合計です。

ユーザーAが複数ページを閲覧しても、複数回のセッションを計測しても、ユーザーAのユニークユーザー数は「1」。

表現こそ”ユーザー”ですが、厳密にはブラウザ単位での計測となるため、ユーザーAがパソコンとスマートフォンからそれぞれサイトへ訪問した場合のユニークユーザー数は「2」となります。

 

ページ別訪問数とページビュー数の違いを以下のケースで見てみましょう。但し、各ユーザーはいずれも同一ブラウザの利用を前提とします。

  • ユーザー1:ページAへ訪問→ページB→離脱、翌日にページAへ再訪問→離脱
  • ユーザー2:ページAへ訪問→ページB→ページA→離脱

このケースではページAについて、

  • ユニークユーザー数=2
  • ページ別訪問数=3

となります。

リロードした場合の計測データ

ページ別訪問数、ページビュー数、セッション数、ユニークユーザー数の各指標について、ページAを閲覧後にリロード(同一ブラウザ、セッション内で再読み込み)した場合の計測は以下の通りとなります。

  • ページ別訪問数:1(同一セッションのため)
  • ページビュー数:2
  • セッション数:1(同一セッションのため)
  • ユニークユーザー数:1(同一ユーザーのため)

ページ別訪問数の見方

ページ別訪問数やその他の指標の違いを見てきました。

ここからはGoogleアナリティクスのページ別訪問数の見方をご紹介します。

 

Googleアナリティクス左サイドメニュー「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」を選択しましょう。

ページ別訪問数の指標は標準設定で表示される仕様のため、確認するための複雑な設定は特に必要ありません。

ページ別訪問数の見方

 

Googleアナリティクスのページ別訪問数まとめ

今回はGoogleアナリティクスの指標の中から、ページ別訪問数の意味や見方をご紹介しました。

正しくアクセス解析できるように、ページビューやセッション、ユニークユーザーとページ別訪問数の違いを理解しておきましょう。