コンテンツマーケティングのメリットとは?初心者向けにわかりやすく解説

公開日:2024年07月06日

コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えたのは実践するメリットが多いから。

本記事ではコンテンツマーケティングに取り組む5つの大きなメリットをわかりやすく解説します。

>>オウンドメディアの集客成功事例を学べる資料をチェックする

コンテンツ一覧
本記事ではコンテンツマーケティングのメリットについて解説しています。オウンドメディアのメリットについてはこちらの記事もぜひご覧ください。

コンテンツマーケティングとは?初心者にもわかりやすく解説

はじめに、コンテンツマーケティングとはどういうマーケティング手法なのかを確認していきましょう。

コンテンツマーケティングの定義

コンテンツマーケティングとは、顧客に価値あるコンテンツを提供し、信頼関係を築きながら自社の商品やサービスの購入に結びつけるマーケティング手法

企業目線での宣伝や広告ではなく、顧客の課題解決や興味関心に寄り添ったコンテンツを発信することが特徴です。

 

例えば、調理器具を販売する会社が製品情報だけでなく、おいしい料理の作り方や食材の選び方についてのコンテンツを発信するといった取り組みがコンテンツマーケティングの一例ですね。

このように、直接的な商品の宣伝ではなく、顧客の興味関心に沿った有益な情報を提供することで自然と自社ブランドへの信頼や親近感を醸成していくのです。

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングには大きな特徴があります。

特に抑えておきたい特徴は以下の2つ。

  • 顧客中心のアプローチ
  • 長期的な関係構築を重視した顧客とのコミュニケーション

 

コンテンツマーケティングでは顧客への有益なコンテンツ提供を通して関係構築を図るため、自然と顧客中心のアプローチとなります。このようなコンテンツマーケティングには具体的にどのようなメリットがあるのか、次から詳しく見ていきましょう。

コンテンツマーケティングの5つのメリット・効果

コンテンツマーケティングには企業にとって大きなメリットがあります。ここでは、特に重要な5つのメリットについて詳しく解説していきます。

リードを獲得できる

コンテンツマーケティングの大きなメリットの一つが、質の高いリード(見込み客)を獲得できること。有益なコンテンツを提供することでリード獲得につなげられます。

コンテンツマーケティングの実施が一般化してきたことで、顧客自身もコンテンツを受け取る代わりにメールアドレスや電話番号などの情報を企業へ提供することに慣れているのが現状。

 

例えば、不動産会社なら「初めての住宅購入ガイド」というコンテンツを作成し、Webサイトから無料ダウンロードできるようにし、ダウンロードする際に名前とメールアドレスの入力を求めることで、住宅購入に興味のある質の高いリードを獲得できるといった仕組みですね。

このようなコンテンツは宣伝目的の広告よりも顧客にとって価値がある傾向が強く、リード獲得の効率が格段に高まります。また、コンテンツを通じて自社の専門性や信頼性のアピールにもなりますね。

商談獲得に活用できる

獲得したリードは商談獲得に活用でき、特にBtoB企業にとって非常に重要な営業先となります。

コンテンツマーケティングを通じて潜在顧客との接点を作ることで、ニーズが顕在化して競合他社製品を購入する前に商談機会を創出できるのがポイント

 

例えば、IT製品を販売する企業がテーマ別のノウハウ資料や業界別の課題解決事例集を作成し、リードに対して段階的にコンテンツを提供してナーチャリングを実施することで、商談化率を高め、結果的に商談数を増やすことができます。

このように、コンテンツマーケティングは単にリードを集めるだけでなく、商談の機会ロスを防ぐ上でも大きく貢献するのです。

顧客との関係を構築できる

コンテンツマーケティングの3つ目の大きなメリットは顧客との関係を構築できること。単に商品やサービスを売り込むのではなく、顧客にとって価値ある情報を継続的に提供することで信頼関係を築きます

例えば、健康食品を販売する企業が栄養バランスの取れた食事レシピや運動、ストレス解消法などの情報を定期的に発信するとします。これらの情報は直接的な商品販売には結びつかないかもしれませんが、健康的な生活をサポートする姿勢を示すことは企業への信頼感につながりますよね。

 

このような取り組みを続けることで以下のような効果が期待できます。

  • ブランドへの親近感や好感度の向上
  • 顧客のロイヤリティ向上によるリピート購入の増加
  • 顧客からの自発的な口コミやSNSでの情報拡散

このように、コンテンツマーケティングは単なる情報発信ではなく、顧客との長期的な関係構築のための重要な施策となるのです。

自社の認知度が向上する

4つ目のメリットはコンテンツマーケティングを通じて自社の認知度を大きく向上させられること。質の高いコンテンツを継続的に発信することで、検索エンジンでの露出が増えたり、SNSなどでシェアされる機会も増えていきます。

オウンドメディアを運営すると検索ユーザーへ認知される、SNSを運営すると各プラットフォームのユーザーへ認知される、プレスリリースを配信すると掲載先の各種メディアで認知されるなど、自社ブランドの認知度が向上していく効果が期待できるのです。

競合優位性を打ち出せる

コンテンツマーケティングを通じて競合他社との差別化を図り、優位性を打ち出せることもメリット。

独自の視点や専門知識を活かしたコンテンツを提供することで、市場での自社のポジショニングを明確にし、競合との差別化を図ることができます。

 

例えばWeb制作会社の場合、高品質なコンテンツが充実しているコーポレートサイトを用意することで、依頼を検討している顧客に対する安心材料となりますし、オウンドメディアでSEO集客に成功していればマーケティング力がある制作会社として信頼されやすくなりますよね。

環境問題の課題解決につながる製品を販売する企業が、SDGsに関連した具体的な取り組み事例や環境問題に関する深い知見をコンテンツ化して発信すれば、「環境に配慮した企業」として想起されて環境意識の高い顧客層から支持されるかもしれません。

このように、コンテンツマーケティングは単なる情報発信の手段ではなく、自社の強みや独自性を効果的にアピールし、市場での競争優位性を構築するための重要なツールとなります。

弊社が実践した際に得られた効果

弊社では、今ご覧いただいているオウンドメディア運営の他、ホワイトペーパー公開、メールマガジンの配信、オンラインセミナー開催、プレスリリース配信など、複数のチャネルでコンテンツマーケティングを展開してきました。

これによって以前はWebからの獲得がなかったリードが毎月安定的に集まるようになったり、認知が拡大したことで地元福岡だけでなく、全国幅広いエリアで弊社を知っていただけるよう少しずつ認知効果も実感できています。

 

>>弊社の集客成功事例を学べる資料をチェックする

コンテンツマーケティングの3つのデメリット

ここまではコンテンツマーケティングの大きなメリットについて見てきましたが、コンテンツマーケティングにもいくつかのデメリットがあります。これらを理解して適切に対処することで、より効果的なコンテンツマーケティングの実践が可能となります。

成果が出るまでに時間がかかる

コンテンツマーケティングの最大のデメリットが即効性に欠ける傾向があること。

質の高いコンテンツを作成し、それが顧客へ届けられるようになり、関係を構築できるまでには一般的に相当な時間がかかります。

 

まず、コンテンツを制作するには企画立案~最適な形式でのコンテンツ化までに工数がかかります。

そして出来上がったコンテンツを顧客へ届けるためのメディア構築にも時間がかかりますし、もしオウンドメディアでSEO集客を狙うなら検索エンジンから評価を得るまでの時間も必要。

 

このため、経営層へコンテンツマーケティングの価値を短期間で示すことは決して簡単ではありませんす。即効性のあるWeb広告と比較されると、その効果は上手く伝わりにくいかもしれませんね。

しかし、この「時間がかかる」というデメリットは、裏を返せば「一度軌道に乗れば長期的に効果を発揮する」というメリットにもつながります。

継続的な実行力とリソースが必要

2つ目のデメリットはコンテンツマーケティングが継続的な取り組み必要だということ。

一つや二つのコンテンツ制作では効果は限定的で、本当の成果を得るには長期的かつ定期的なコンテンツ制作と発信が必要で、これにはコンテンツマーケティングの実践的ノウハウだけでなく、以下のようなリソースが必要になります。

  1. 人的リソース
  2. 時間的リソース
  3. 金銭的リソース

 

これらのリソースを長期的に確保し続けることは、特に中小企業や人員の限られた部署にとっては大きな負担となる可能性がありますよね。また、日々の業務に追われる中で、定期的にコンテンツを制作し続けることの難しさを感じる企業も少なくないでしょう。

しかし、この「継続的な実行力とリソースが必要」というデメリットも、逆に考えれば「参入障壁が高い」ということでもあります。つまり、しっかりとしたコンテンツマーケティング戦略を立て、継続的に実行できれば、競合他社との差別化を図ることができるんですね。

正確な効果測定が難しい

3つ目のデメリットは、コンテンツマーケティングの効果を正確に測定することの難しさです。特に、コンテンツの影響が最終的な購買行動にどのようにつながったのかを追跡することは容易ではありません。

効果測定は以下のような理由から難しいと言えます。

  1. 長期的な影響:コンテンツマーケティングの効果は即効性が期待しづらく、一定期間後に現れることが多いため、特定のコンテンツと成果を直接結びつけることが難しい。
  2. 多数の顧客接点:顧客は複数のコンテンツに触れた後に購買を決定することが多く、どのコンテンツが最も影響を与えたかを特定するのは困難。
  3. オフラインでの影響:オンラインで閲覧したコンテンツがオフラインでの購買行動に影響を与えることもあり、これを正確に追跡するのは難しい。
  4. 間接的な効果:ブランド認知度の向上や顧客ロイヤリティの増加など、数値化しにくい効果もコンテンツマーケティングの重要な成果。

これらの理由から、コンテンツマーケティングの ROI(投資対効果)を正確に算出することは大きな課題となります。

 

しかし、完全に正確な測定は難しくても計測できるデータがあるのも事実で、オンライン・オフライン問わず、成果を振り返るためのデータを統合して、コンテンツマーケティングの効果を把握できるように環境整備していきましょう。

メリットが多いコンテンツマーケティングのまとめ

本記事ではコンテンツマーケティングのメリットとデメリットについて詳しく見てきました。いくつかの課題はありますが、総合的に見るとやはりコンテンツマーケティングのメリットは大きいと言えるでしょう。

また、コンテンツマーケティングの中でも特に人気が高い施策の一つにオウンドメディアがありますが、弊社がオウンドメディア立ち上げ後にどのような施策で短期集客に成功したのかを紹介したノウハウ資料も参考にしてみてくださいね。

6ヶ月で365%成長達成!

クリエル式オウンドメディア運用術

クリエル式オウンドメディア運用術第1弾

Webサイトの王道集客施策であるオウンドメディア。

企業がオウンドメディアで集客できれば、オンラインにシフトしたセールス活動に大きく貢献し、売上アップに欠かせない施策になります。でも、多くの企業がオウンドメディアで失敗してきました。

そこで本書では少ないリソースで効率良く成果を上げるノウハウを、弊社事例も混じえて公開します。

▼本資料に掲載されている内容の一例は・・・
・運用開始から6ヶ月後の成果
・当社オウンドメディア運用体制について
・立ち上げから6ヶ月間の施策アウトライン
・Contents is King の実情
・弱者のキーワード選定術

オウンドメディア集客を成功させるためにもぜひ本書のノウハウをご活用ください。