WEBマーケティング会社クリエルのコラム

無料で集客!googleマイビジネスでローカル検索対策

ローカル検索

スマートフォンの普及で増加したローカル検索

スマートフォンの普及により、google検索やgoogleMAPで今から行きたい場所を検索する人が増加しました。

2018年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

2018年日本におけるスマートフォンからの利用者数(ニールセン調べ)は、googleが6,561万で1位。
そのうち30%以上が地域属性を含んだローカル検索と言われてます。

ランク サービス名 平均月間利用者数 対昨年比
1 Google 6,561万人 8%
2 Yahoo Japan 6,033万人 7%
3 LINE 5,816万人 11%
4 YouTube 5,330万人 14%
5 Facebook 4,617万人 18%
6 Rakuten 4,561万人 4%
7 Amazon 3,910万人 11%
8 Twitter 3,908万人 11%
9 Instagram 3,102万人 39%
10 Ameba 2,566万人 0%

※2018年1月から10月までのデータ 平均月間利用者数
※参照:TOPS OF 2018: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2018年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~

2018年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10

2018年日本におけるスマートフォンからの利用者数は、googleMapsが3,936万人 マップアプリで1位。
アプリ全体でLINEに続いて2位
googleマップの利用者数は2017年から2018年にかけて19%も増加しています。

ランク サービス名 平均月間利用者数 対昨年比
1 LINE 5,528万人 11%
2 GoogleMaps 3,936万人 19%
3 YouTube 3,845万人 22%
4 Google App 3,465万人 16%
5 Gmail 3,309万人 17%
6 Google Play 3,136万人 6%
7 Twitter 2,875万人 14%
8 Yahoo Japan 2,670万人 23%
9 Facebook 2,301万人 6%
10 McDonald’s Japan 2,053万人 18%

※2018年1月から10月までのデータ 平均月間利用者数
※参照:TOPS OF 2018: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2018年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~

ローカル検索でgoogleマイビジネス表示が売上向上にあたえる影響

来店風景

googleによると、「近くの商品やサービス」の検索数は年々増加傾向にあり、
検索のタイミングはスマートフォンから「今からいきたい場所」を検索する人の割合がより増加しています。
たしかに、出先での食事や買い物なども「ランチ+地名」「商品名 地域」などで検索するのが当たり前になってきてますよね。
googleマップ検索からお店や待ち合わせする場所を選んで、知らせたい人にLINEやfacebookで共有といった流れも少なくありません。
ローカル検索でお店を探したユーザーの約50%は24時間以内にお店に訪問するとも言われてます。

つまり、今から自社と同じ商品やサービスを提供しているどこかに来店する可能性があるアツいターゲットと接触できるのが、ローカル検索結果で表示されるgoogleマイビジネスの情報になります。

アツいターゲットと効率よく接触する事ができれば、来店数や売上の増加に貢献するのは明白ですよね。

ローカル検索結果から来店率を高める

ローカル検索結果から来店率を高める主な手法としては二通りになります。

1.目につきやすい位置に表示される事
2.ターゲットが来店したくなるよう情報を充実させる

掲載順位の上位化

ローカル検索結果で該当するお店が複数あった場合は複数表示されます。
表示順位の基準は、関連度や現在地からの距離などによって判断されています。
ユーザーのニーズにもよりますが、基本的には掲載順位の良いお店へ来店する確率は高いですよね。
掲載順位の良化が来店率向上に繋がります。

ローカル検索結果

掲載情報の充実化

ターゲットが比較検討する情報は、写真や距離、営業時間、サービス、口コミなどになります。
折角上位表示しているのに情報不足や分かりにくい内容で顧客候補を逃してしまうのは機会ロスになるため避けたいところですよね。
検索結果に表示される情報は、ターゲットが理解しやすく魅力を感じて来店に繋がるよう充分にしておく必要があります。

googkeマイビジネス情報

googleマイビジネスを改善

来店率を高めるための手法、掲載順位の上位化と掲載情報の充実化は相関関係にあります。
掲載情報を充実させることで、掲載も表示されやすく、順位も上位化しやすくなります。

googleマイビジネス情報の登録・変更手順

オーナー登録がまだの場合はオーナー確認を行ってください。

1.Google マイビジネスにログインします。
2.複数のビジネスがある場合は、編集したいビジネスアカウントを開きます。
3.メニューから「情報」をクリックします。
4.登録、変更したい箇所をクリックし表示されたボックスに登録したい内容を入力し最後に「適用」を押します。

googleマイビジネス写真の登録手順

1.Google マイビジネスにログインします。
2.複数のビジネスがある場合は、編集したいビジネスアカウントを開きます。
3.メニューから「写真」をクリックします。
4.写真の投稿をしていない場合は、サマリーに表示される「ロゴ」「カバー」をクリックして写真をアップロードします。
5.すでに写真をアップした事がある場合は、上部にあるメニューからアップロード可能なものを選び写真をアップロードします。

googleマイビジネス投稿の手順

1.Google マイビジネスにログインします。
2.複数のビジネスがある場合は、編集したいビジネスアカウントを開きます。
3.メニューから「投稿」をクリックします。
4.「投稿を入力」をクリックすると入力画面が出てきますので、投稿する情報の種類を選んで、写真や動画、と説明文を入力します。
5.「イベント」や「クーポン」の場合は開始と終了日、商品の場合は商品名や価格を入力してから「公開」を押します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はgoogleマイビジネスを使ったローカル検索対策の基本部分をお届けしました。
それほど難しい作業はありませんので、自社でも可能かと思われます。
どうしても「検索結果が表示されない」「上位に来ない」「今すぐ上位に出したい」などのご要望がありましたら、ローカル検索結果には広告を表示させる事も可能ですので、お気軽にご相談ください。

運用が目的ではなく、御社の成果を最重要視します

リスティング広告の詳細はこちらから

オススメ記事

ホームページ制作
ホームページ制作でよく使うプロジェクト・タスク管理系ツール5選
マーケティング
無料で集客!googleマイビジネスでローカル検索対策
ホームページ制作
Webデザインのテイストとは?参考サイトで見る代表的な5種類
営業
Web制作・Web広告開始までの流れってどんな工程があるの?
リスティング広告
はじめてのWeb広告。失敗しないための基礎知識

CONTACT

お仕事のご依頼やご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.092-292-7427 営業時間:9:00~18:00(土・日・祝休)
yahoo正規代理店
マイクロアド